宣伝会議賞のすすめ

国内最大の公募広告賞「宣伝会議賞」を通じて、キャッチコピーの魅力を少しでも多くの人に伝えたいと願う素人のブログ。 目標はグランプリと100万円!!そして『日本一コピーのうまい葬儀屋』を目指します。



ほんっとに1年経つのがあっという間。今年ももうすぐ折り返し地点。歳をとるほど時間の経過が早く感じるのをジャネ―の法則っていうらしい。何にでも研究してる人がいて、ちゃんと名前がついてるのね。


去年六本木ヒルズの授賞式に出席したのがついこの間のことだったような気がする・・・(さりげなく自慢)。というわけで、今年も
【第13回 ピンクリボンデザイン大賞】がはじまりました。もうピンクリボンですよ、ピンクリボン。ということは宣伝会議賞だってすぐってことじゃん。まだSKATも発売されてないのに・・・。


まあジタバタしてもしょうがないので、当面はとにかくピンクリボンに全力投球。なんせ3年連続受賞と2年連続グランプリがかかってる(スキあらば自慢)。なぜか相性がいいコンペなので今年も何としても結果を残したい。じゃないと自慢できることがなくなってしまう・・・。


審査員長でもある中村さんの著書、『最も伝わる言葉を選び抜く コピーライターの思考法』を何度も読み返してるから、今回は選びに選び抜いた少数精鋭の自信作で勝負して、奇跡の2年連続グランプリを狙いたい!!!


・・・とこなんだけど、「書く力」はいうに及ばず「選ぶ力」が一朝一夕で身につくわけない。そして自己満足の自己採点が当てにならないことはイヤというほど思い知らされてる。本命コピーでの一本釣りはあくまで理想なわけで、結果だけを求めるなら選ぶのはプロに任せた方が得策よね。そのための?応募制限なしなんだし。というわけで今回も『数撃ちゃ当たる作戦』を決行します


とはいってもやみくもに出せばいいってもんじゃないから、過去の没コピーをそのまま使いまわすってのは当然なし。ただどうしたって切り口が限られてくるから、そこは表現の仕方を工夫するしかないよなぁ。


何よりも大事にしたいのは、「伝わる」・「刺さる」・「機能する」ってこと。見た人にちゃんと伝わって、他人事じゃないと感じてもらって、検診に行かなきゃって思わせること。当たり前のことなんだけど、その当たり前がなかなかできない。前回はそんなコピーがたまたま書けて、たまたま見つけてもらって、本当に運よく受賞できた。決して派手さはないけど、ストレートで強いコピーだったと思う。(自画自賛)


販促コンペの企画案が全然思いつかなくて現実逃避しつつ書いたコピーを数えたら50本近くあった。悪くないんじゃない?ってのもあるにはあるけど、やっぱり前回を超えてる気がしない。でも自分で気づいてないだけかもしれないし、とにかく今は必死で書くしかない。まだ始まったばかりだから、ひとまずは100本応募を目指そうと思う。


連覇がとてつもなく難しいことも、実力よりも運だのみってことも重々承知。でもやるからには一番いいコピー書きたいし、賞金欲しいし、褒められたいし、やっぱり誰にも負けたくない。だから死ぬ気で獲りにいく。





毎度のことながら、SKAT発売までが遠すぎる。かといってグランプリやファイナリストが掲載されてないのなんて二度と買いたくないし・・・。というわけでおとなしく待つしかないってことになる。


その間、特にめぼしいコンペもない。いや探せばあるっちゃあるけど、どうもピンとこない。「少しでも多く打席に立つ」なんて思いながらも、やっぱり賞金が出たり全国展開されたりとかじゃないとモチベーションがあがらない。


「何かしらコピーの勉強をしなくちゃ」
と思ってはいても、やっぱりどうしてもグタグタしちゃうもので、特に今はゼルダの伝説のせいであっという間に時間が過ぎていく。気がついたら朝?なんてこともあったりして。それでもようやくとりあえずの終わりが見えてきたかな?と思ったら、もうすぐマリオカートの最新作の発売日。子供たちも楽しみにしてるし、買っちゃうよね、絶対。う~ん、ダメだこりゃ。


そんなダメ人間のもとに静岡会のメンバーから飲み会のお誘いが。急だし平日だしその日も次の日も仕事だしほとんど諦めてたけど、どうしても行きたくて力ずくであれこれ段取りしてなんとか休みをねじ込んで参戦。


急な招集にもかかわらず、主要メンバーはほぼほぼ出席。どんだけヒマなのよw。これなら無理して来なくてもよかったかなぁ~なんて思ったりしたけど、やっぱり来てよかった。


いつものメンバーで、いつものように飲んで、いつものようにコピーバトルして、いつもと違う俳句バトルなんかもして、いつも以上にめちゃくちゃ楽しかったし、いつも以上に刺激になった。みんな仕事や私生活でいろいろ悩みながらそれでも頑張っててるんだな、自分だけダラダラしてる場合じゃないなと


今年は販促コンペに初挑戦したくて、牛角の案を見よう見まねで企画書に起こしてみた。初めてにしては割といい感じだと思ってたけど、試しに何人かに見せたらリアクションはいまひとつ・・・


販促コンペの説明のために、はじめに第1回グランプリ『コカ・コーラ シークレットメッセージ』を見せたのが失敗だった。あんな伝説の企画のあとじゃ、そりゃどんなアイデアもかすんで見えるに決まってる。けど、それを差し引いてもやっぱりインパクトが足りないのは明らか。むしろ思いつきで言った「CDショップの試聴機から突然焼肉を焼く音が流れる」ってやつの方がウケてた。もっともっとブラッシュアップするか、まったく別の方向で考えないと。みんなも応募する気になったみたいだし、ライバルは多いほうが燃える。当然負けるわけにはいかない。企画書なんて作ったこともないけど、目標はあくまでグランプリと100万円!!


5月にはピンクリボンもあるし、余裕があればSBSラジオのCMコンペにも出したい。C-1グランプリにもこっそり挑戦してるけど、まったく歯が立たない。それでも自分の力を測れるのはコンペしかない。たとえ結果はでなくても、打席に立てなくても、素振りだけは続けておかないと一生出番なんかまわってこないし、活躍なんてできっこない。


子供たちを説得して、マリオカートを買うのはちょっと待ってもらおう。買っちゃったら絶対に我慢できない自信がある!!






気づけば3月もおわりですね。その割にクソ寒い。おかげで仕事が忙しく、そのうえゼルダで超忙しいので更新が遅くなりました。



第54回宣伝会議賞が、その幕を降ろしました。402986点の頂点、栄えあるグランプリは・・・



子どもが苦手なものは一度揚げてみる。 平山瑞帆さん


日清オイリオグループ / 日清オイリオの食用油を使って、揚げ物をつくって、おいしく食べて、元気になる!そんなキャッチフレーズ


いやぁ~、共感もできるし愛情も感じられるし商品イメージにもマッチしてるしで、文句なしの素晴らしいコピー。予想ははずしちゃいましたが一応コピーゴールドには推してたので、ほぼほぼ当たりってことにしときましょう。それにしても予想が的中したのはCMゴールドとシルバー7本中たったの3本。まさか眞木準賞まではずすとは、見る目がないにも程がある。予想されたら受賞できないデスブログとか呼ばれてそう・・・。


グランプリを見て自分の応募作を見直したらこんなのが。



たまねぎが大嫌いな息子の大好物はオニオンリング。


ほら、なんていうか、まあ全然違うっちゃ~違うんだけど、何となくこう、言わんとしてることの方向性は似てるというか、そんなに大きく的ははずしてないじゃないかな~なんて思ったりしたりしてなんかゴメンナサイ

似たような切り口でも表現の仕方でその差は歴然。嫌いと好きの対比ありきで無理やり作ったコピーと、実感を元に素直に表現したコピー。どっちが強いかなんて言うまでもない。仲畑さんが総評でおっしゃってたように、今回はちゃんと「地に足がついた」ものが多かった。一見地味だけどちゃんと本質を見極めた機能するコピー。それでいて誰もが書けそうで書けないものばかり。

自分のは「なんとかこの商品を売りたい」ってことより「賞を獲りたい」って気持ちの方が大きくて、「センスあるね」って誰かに褒められたくて書いてるから、独りよがりの浮足立ったコピーになってる。と結果を見てからなら何とでも言えるんだけど、応募期間中は「上手いこと言えた!!」とついつい調子に乗ってしまう。もう何年も応募してるのに、毎年同じ過ちのくり返し。まったく父ちゃん情けなくて涙がでらぁ。

今年から始まった中高生部門。初回なので応募数は思ったより多くなかったけど、どれも勢いがあって新鮮だった。コピーの文法にとらわれずに、まさに今回のキャッチコピー『ジブンだけの言葉。ジブンだけの自由。』にふさわしい作品ばかりだった

息子が中学生なので、名前を借りて応募しようかと思ったけど出さなくてよかった~。まったく勝てる気がしないもん。コピーはこういうもんだって変な先入観がない分粗削りだけど素直でまっすぐ。そして余計な計算や打算がない。中途半端な知識で頭でっかちになってる自分には、もう一生書けそうにない

とはいえ、ないものねだりで嘆いてばかりいても仕方ない。センスや語彙力は圧倒的に足りないくせに、余計な知識と雑念だけはあり余ってる。それでも持ってるカードで何とか戦っていけるようにしないと・・・。

とりあえずSKATは予約した。傾向と対策にとらわれるなってのは重々承知。それでもコピーの面白さを教えてくれたのはSKATだし、間違いなく宣伝会議賞のバイブル。そういえば前回のはほとんど目を通さなかったなぁ。今回はガッツリ読み込もう。

そしてもう1冊、間違いなくコピーのバイブルになる本が出た。もちろん速攻買って速攻読んだ。



中村禎さんの著書


『最も伝わる言葉を選び抜くコピーライターの思考法』KIMG0006








すでにコピーライターさんをはじめいろいろな方が書評を書かれているようなので何番煎じになるかわからないけど、一言で言うととっても大切なことがとってもわかりやすく書いてある。もうね、ズバズバ刺さる言葉のオンパレードですよ。思い当たるフシがありすぎて、自分のために書いてくれたんじゃないかって思っちゃうそのひとつひとつがヒントと勇気をくれる。コピーのテクニック云々以前に、どれだけ相手のことに思いやることができるか?という当たり前だけどついつい忘れがちな人としての根っこの部分の大切さを再認識させられました。

だからこそコピーライター志望の方だけでなくサービス業全般、それ以外の業種の方が読んでも絶対にためになると思う。中村さんとは2回ほどお会いする機会に恵まれましたが、とにかく優しくてとにかく熱い方でした。この本にはそんな中村さんの人柄そのものが表れている。で、藤色が上品でとってもキレイ。

本当にものすごくわかりやすいので、読んだだけでいいコピーが書けるような気になっちゃいます。でも、ライバルたちも当然読んでるわけで。何度も何度もくり返し読み返し自分の中に落とし込んで、それを実践できないと本当のレブルアップにはつながらない。次回に向けて何をしたらいいか迷っていたけど、ひとつの道しるべができました。とにかく後悔しないよう、チカラを出します。




↑このページのトップヘ