宣伝会議賞のすすめ

国内最大の公募広告賞「宣伝会議賞」を通じて、キャッチコピーの魅力を少しでも多くの人に伝えたいと願う素人のブログ。 目標はグランプリと100万円!!そして『日本一コピーのうまい葬儀屋』を目指します。


前回の更新から1ヶ月。1年でいちばん忙しくなるこの季節、ただでさえいっぱいいっぱいで回してるのに、スタッフが2人同時に辞めるというとんでもない事態が発生。あわてて求人を出しても面接希望の電話すらない(1件だけあるにはあったけど70歳のおじいちゃん・・・。さすがにムリですよ)


残されたスタッフで何とかしのいだものの、当然まともに休みがとれるはずもなく、仕事以外は起きていられない毎日。で、気づいたら2017年最後の日になってました。


さすがに今日くらいは何とかしないと・・・。今年を振り返ってざっくり反省します。


【2月~3月】 

第54回宣伝会議賞 結果発表


1年のサイクルが宣伝会議賞中心になってるので、今年というより去年の出来事って感じなんだけど、まあいいか。


2月の1次通過発表の時点では暫定19本。本数的にはもの足りないものの、通過率だけなら自己最高をマーク。「これはもしかしてイケるかな?」なんて淡い期待は、3月の2次通過発表であっけなく粉々になりました。


最終結果は1次通過24本、2次通過1本。


受賞者やファイナリスト、3次通過者には知ってる名前がちらほら。本当にもう情けないやら悔しいやら。それはともかくとしても、自信作と謳っていたコピーのほとんどが1次すら通らなかったことの方が大問題。


TSUTAYA マイNOTジャケ借りキャンペーン


ツイッターで募集していたTSUTAYAのNOTジャケ借りキャンペーン。試しに出したらベイマックスのコピーが採用された。まあコピーというより大喜利みたいなもんだけど・・・。それでもいろんな人の目に触れるのはうれしい。
IMG_20170419_173932
















【4月】

たこLOVEコピーコンテスト

ネットで見つけたたこLOVEコピーコンテストに参戦。大阪らしくポスターに使うツッコミたくなるコピーがテーマ。自分でも恥ずかしくなるほどベタなコピーを出したような記憶が・・・。

グランプリは「たこ夏の楽園」。なるほど上手い。後日副賞のたこ焼き粉1年分が届いた。協賛企業から抽選で200名くらいにいろんなものが届くみたいなので、参加賞的なやつね。コピーが評価されたわけじゃないのが悔しい。 何度かタコパしたり同僚や兄弟に配ったけど未だに5袋くらい残ってる・・・。

DA4byxQVYAQB6Ra







【5~7月】 

第13回ピンクリボンデザイン大賞



宣伝会議賞の結果にすっかりやる気をなくしてたけど、前回グランプリのピンクリボンははずせない。奇跡を信じて130本応募

「これだけ書いたら入選くらいには引っかかるかな?」なんて思ってたけど、やっぱりそんなに甘くなかった。で、受賞者にはまたしてもよく見る名前が・・・。

受賞作はどれも例年に比べゆるいイメージ。全体的に説得や脅迫系だった自分のコピーとは全然違った。



第9回販促コンペ



同時進行で販促コンペに初挑戦。企画書なんて作ったことがないので悪戦苦闘。課題が発表されて早い段階から取り組んだわりには1つしか応募できず。しかも企画と呼ぶには程遠い、なんのヒネリもないごくありふれたもので、いうまでもなく落選。


受賞作はいたってシンプル。企画書なんて読まなくても伝わる強さをもったアイデア。企画書であれこれ言い訳がましく説明してた自分のとは大違い。次回はその辺もちゃんと肝に命じて挑戦したい。




【8月】

新聞クリエーティブコンテスト


新聞クリエーティブコンテストに初挑戦。テーマは捨て犬・捨て猫問題。デザインもできないし絵心もないのに無謀なのは百も承知。何事も経験よね。フリー素材サイトで写真を探したり、殺処分に関するサイトを読みまくったり。重いテーマなので精神的に凹んだりしたけど、自分なりの作品はできたと思う。

でもやっぱり惨敗。最終審査まで残った作品の中に、思いっきり上位互換のものがあったからなぁ・・・。

新聞クリエイティブのコピー













【9月~11月】 


第55回宣伝会議賞


この辺はブログでぼちぼち書いたので割愛。前回の反省を活かしたつもりでいたけど、日が経つにつれますます自信がなくなってきた。応募コピーを発表してる人のを見ると、自分のコピーがめちゃくちゃショボイ・・・。



第9回SCCしずおかコピー大賞



今年もなんとかファイナリストに残って授賞式に参加。本当はいろいろ書きたいことはあったんだけど、今年中に終わらなそうなので箇条書き。


①期待してないとはいったけど、発表直前はやっぱりドキドキ。

②でもやっぱりダメでちょっとだけガッカリ。

③オカキンと玉山さんが会場に来ていてびっくり。何とかあいさつできてよかった。

④静岡会のメンバーから今年も受賞者が。うれしいけどその10000倍くやしい。

⑤賞には絡めなかったけど、運営の皆さんの努力のおかげでとっても楽しかった。

⑥授賞式で静岡会の新メンバーを4人スカウトすることに成功。負けられないライバルが増えた。

⑦静岡会の飲み会、予想大賞もコピーバトルも盛り上がったし楽しかった。


⑧今回粗品に気合を入れすぎて、次回どうするか悩む。今から考えないと・・・。



結局、今年は残念ながら受賞なし(ベイマックスは受賞と呼ぶにはちょっとね・・・)悔しいけどこれが本来の実力よね。それでも販促コンペや新聞クリエーティブとかコピー以外のコンペにも応募できたのはいい経験だし、少しだけ進歩したんじゃないかと・・・。


家族や友人に大きなケガや病気もなく平和に過ごせたし、コピーの学校や授賞式で新しいメンバーとも出会えたし、コンペで結果は出せなかったけど、トータルで見たらとってもハッピーな1年でした。


あ~でも、ブログを全然更新できなかったことは深く反省してます。せっかくコメントいただいてるのに返信しなかったりとかは特に猛反省。来年はもうちょい頑張っていきますので、どうか見捨てずにお付き合いください。


今年も1年間ありがとうございました。よいお年をお迎えください。


今年初詣に行かなかったのが良くなかったのかも?お賽銭奮発して受賞できるように祈ってきます。













寒さが厳しくなるにつれ仕事が増えていくのはいつものことなんだけど、今年はいつも以上に多い、多すぎる・・・。


宣伝会議賞が終わってようやくのんびりマリオでもやるかな~なんて思ってたのに、そんな時間どこにもない。しずおかコピーことも書かなくちゃと思ってるうちに、ファイナリストが発表されちゃいました。



第8回SCCしずおかコピー大賞 ファイナリスト発表



とりあえず今年も『課題6:「広告出すといいことあるね」を伝えるコピー』で1本だけファイナリストに残ることができました。


「よく残れたなぁ」ってのが率直な感想。本当にギリギリかろうじて首の皮1枚でって感じ。運がよかったとしか言いようがない。


前回は自信あるコピーが2本通過して受賞までできたから、何となく何かをつかんだ気になってた。でも今回1番自信があったのは、あっけなくボツ。まったく期待していなかったいわゆる「置きにいった」コピーが残ってしまった。あいかわらず見る目がない。こうなるとブログ更新できなくてよかったのかも。また自己満コピーを自信満々に語って黒歴史を増やすところだった。


確かに納得感はあるけど、とにかく致命的に面白くない。他のファイナリスト作品と比べたら一目瞭然。理屈っぽくて硬くてまったくセンスを感じない。もっとこう感覚的というか本能的というか心からの叫びみたいな、そういうコピーが書きたいんだけど・・・。


というか、他にそういうコピーを書いたつもりだったのにまったく残らないってことは、つまりはそういうことで、そういうコピーを書くのは根本的に向いてないらしい。普段はテキトー過ぎるくらいテキトーなのに、コピーだけは変に考えすぎるっていうか、型にハマりすぎてるっていうか・・・。もうどうすればいいのかわかんない。


まあ何だかんだいってもファイナリストに選ばれたってことは、とっても栄誉なこと。今回も静岡会のメンバーが自分以外に4人も残ってる。しかもそのほとんどが複数通過。かろうじて主催者としてのメンツは保てたけど、もう少し空気を読んで手加減してくれないと・・・流行りの忖度ってやつですよ。使い方あってる?


今年はコンペで何の結果も出せなくって、これが最後のチャンス。でもノミネート作を見る限り受賞はなさそう・・・というかない。でも授賞式とその後の飲み会だけを楽しみに仕事してたから、死ぬほど忙しくても何とか生きていけそう。


今年もメンバーから受賞者がでますように。で、授賞式と静岡会が盛り上がりますように。コピーが好きな人たちとコピーの話をできるのが楽しみで仕方ない。














シーズン真っ只中だってのに全然更新できなくて、すっかりご無沙汰しています。そうこうしてるうちにあっという間に締め切り来ちゃいまいました。さすがに今日ぐらいは何か書かないと・・・。


【第55回宣伝会議賞】が締め切りを迎えました。もっとやりたかったような、やっと終わってホッとしたような、ちょっぴり切ない感じです。宣伝会議賞ロスってやつ?


今回は15課題に絞って原則2日で1課題という計画を立ててスタート。最初の2週間くらいはなんとかなったものの、仕事が忙しくなってからはあっけなく破綻。10月に入っても予想外の忙しさに追われ、さらなる業務上のトラブルも発生したりで思った以上に取り組む時間がとれず・・・。


結局最終的な応募数は、653本。当初は1000本を目標にしてたので遠く及ばず。かろうじて前回の500本を超えることはできたけど、不本意な結果に終わりました。でもこれが現状での実力なので仕方ない・・・。


応募したのは13課題。

アウディ(50本)
キッコーマン(50本)
キヤノン(50本)
霧島酒造(50本)
クレディセゾン(50本)
コンチネンタルタイヤ(50本)
おとなの自動車保険(14本)
ディーエムソリューションズ(50本)
東京個別指導学院(50本)
日本レジストリサービス(40本)
JRA(50本)
三菱エアコン(50本)
ロッテ(30本)



これ以外にも思いついて数本だけ応募した課題がいくつかある。BROOKS・牛乳石鹸・サントリー・品川区・ネットカフェ・セロテープあたりもやりたかったけど、全然手が回らなかった。


でもその分密度の濃いコピーが書けた。と言いたいところだけど、う~ん正直かなり微妙。もちろん各課題にお気に入りやそれなりの自信作はあるけど、じゃあ2次以上を狙えるかって考えると厳しいよねぇ、やっぱり。締め切りがすぎて冷静になると、あれほどいいと思ってたコピーがどれも平凡に見える・・・。


それでもあえて期待を込めるとしたら、クレディセゾン・東京個別指導学院・三菱エアコンかなぁ?ディーエムソリューションズと日本レジストリサービスにもちょっと優等生すぎるけど協賛企業賞向きなやつがある。自己採点は毎回まったく当てにならないから、嫌な予感しかしないけど・・・。


まあとりあえずやるだけやったし、なんだかんだいってもやっぱりすごく楽しかった。明日からちょっとさみしくなるなぁ。このさみしさはきっとマリオが埋めてくれるはず。そういえばしずおかコピーのことも、ピンクリボンや新聞クリエーティブコンテストの結果のことも書けてないや。需要があるかわかんないけどスキを見て書いてくつもり。


ありがたいことにツイッターでもフォローしてくれる人が増えたし、全然更新できなくても毎日アクセスしてくれる人がいて、本当に感謝感謝です。少しでも楽しんで読んでもらえるようにしないとね。それには結果を出すのが一番なんだけどなぁ。贈賞式行きたいよ~。


応募された皆さん、おつかれさまでした。皆さんに少しでもいい結果がでますように・・・。そして俺にはめちゃくちゃいい結果がでますように!!!コピーの神様なにとぞお願いします。






↑このページのトップヘ