宣伝会議賞のすすめ

国内最大の公募広告賞「宣伝会議賞」を通じて、キャッチコピーの魅力を少しでも多くの人に伝えたいと願う素人のブログ。 目標はグランプリと100万円!!そして『日本一コピーのうまい葬儀屋』を目指します。


毎度のことですが、気が付けばもう7月。宣伝会議賞まで2ヶ月を切りました。


SKATはちょいちょい目を通してますが、自分のコピーのあまりのできの悪さにため息しか出ない。いつもなら受賞コピーや好きなコピーを好き勝手あれこれ批評するんですが、今一つテンションがあがらず・・・。


宣伝会議賞の分析に関しては、ヒヒ馬さんの『宣伝会議賞でグランプリを目指すブログ』っていうメチャクチャ的確でわかりやすくて、全部プリントアウトして1冊にまとめたいくらい素晴らしいブログがある。しかもほぼ毎日更新。今さら自分がやっても需要なさそうだからやめときます。


さて本題。7月2日に【第13回ピンクリボンデザイン大賞】が締め切りになりました。前回本当に運よくグランプリを受賞できたので、今年も応募開始からかなり気合を入れて取り組んだのですが・・・。


ただでさえ難しいテーマ。何年も開催されていて基本的なことはほぼほぼ言い尽されている。そのうえ前回のコピー以上のものを作らないとならないっていうプレッシャーで、例年よりさらにハードルが上がった気がしてました。


前回出したのが50本なので、今回はそれ以上、できれば100本を目標に設定。時間のある限り考えました。で、質はともかく何とか100本ちょっとひねり出しました。既視感ありありだったり、力ずくのコピーもちらほら。情けないけど自分で選ぶ力はないので、またしても審査員頼みの数撃ちゃ当たる作戦。ひとつでも目に留まるのがあるといいなって感じで。


ところが、締め切り近くなってからの小林麻央さんの訃報。悲しくて厳しい現実と、世の中には同じような苦しみと戦っている方やそのご家族がたくさんいることを今更ながら再認識させられました。毎年コンペに参加することで乳がんの知識はそれなりにあるつもりだったけど、それこそあの命がけのブログと壮絶な生きざまを目の当たりにすると、実際のところはなんにもわかっていなかった・・・。


自分なりに精一杯考えたのでとりあえず応募はした。でも、いま見直すと何だかとても薄っぺらい気がして、達成感よりも無力感の方が強い。もっといいコピーが書きたかった。でも、とてもじゃないけど今の自分には書けそうになくて。何をどういえばよかったのか・・・いまだにモヤモヤしてます

















またしても久々の更新です。


SKATがとっくに発売されてるので、いつもなら通過コピーや気になったコピーについて語るんですが、まだちゃんと目を通してないのでもう少しあとになりそう。


仕事が忙しかったり、娘の運動会があったり、今年もコピーの学校に行ったり。中でも思った以上に時間がかかったのが販促コンペの企画書作り


今回で9回目の開催となる販促コンペ。第1回開催からもう9年も経ってるなんて・・・。当時はまだキャッチコピーに興味を持ちはじめたばかりのころ。第1回目のグランプリ『コカコーラシークレットメッセージ』を見て、シンプルでありながら即機能するアイデアと見やすい企画書に衝撃を受けたのを今でも覚えてる。自分には到底思いつかないけどいつか応募できたらいいなぁと毎年チェックだけはしてました。


で、今年も募集の告知を見てたら何となく「やってみようかな?」と。昔は確かパワーポイントで企画書を作らないとならなかったはず。ここ最近はPDFでの提出になって少しだけやりやすくなったのと、この時期はピンクリボンくらいしかコンペがないので「何とかなるかな?」と安易に考えてました。


が、いざやってみるとアイデアなんてな~んにも浮かんでこない。課題に全部目を通したけど、まったく手も足も出ない。その中で唯一、牛角の「とにかく焼肉が食べたくなるような斬新なアイデア」という課題だけは漠然としたイメージでできそうかも?と思えたのでとりあえず形にすることに。


この歳になるまで企画書なんて作ったことないし勝手がわからないので、本屋で『企画書の書き方』系の本を立ち読みしたり、ネットで検索しまくりました。募集要項には企画書の出来は問わない、あくまでアイデアの評価みたいに書かれてたけど、やっぱり読みやすいに越したことはないよね。


とりあえず画像は一切入れずに文字に起こしてみて、ちょうどタイミングよく静岡会のメンバーとの飲み会があったので意見を聞くことに。が、反応はいまいち。アイデアと呼ぶにはあまりに普通すぎるし、なんのヒネリもないし、ちっとも斬新じゃない。その後もなんとかブラッシュアップしようとしたり、別の案を考えようと思ったけど結局何もできず時間だけが過ぎていく・・・


もう応募自体を辞めようかとも思ったけど、とにかくダメ元で出すだけ出そうと腹をくくりました。そこからフリー素材のサイトめぐりをして使えそうな写真やイラストを探したり、フォントやレイアウトや文字色をどうすれば見やすくなるか何度もプリントアウトして悩んだり。フォトショやイラレもほんのりとしか使えないしイラストも書けないし、美的センスはほぼほぼゼロ。それでも何とか締め切り前に応募を終えました。


そもそものアイデアが弱いので、後付けで無理やり補足説明を付けた感でいっぱい。ビジュアル的にも子供会のお祭りの告知をパソコンを覚えたてのオッサンが苦労して作りましたって感じ。しかも締め切り後に見直したら
脱字を2ヶ所も発見。何度も確認したつもりだったのに、完全に脳内補完して読んでたみたい。受賞なんてもちろん期待してなかったけど、自分なりに一生懸命に作ったのでこのミスはあまりに致命的。痛すぎるし情けなさすぎる・・・。


しかも静岡会のメンバーのひとりが応募した企画書、しかも3つ、を見せてもらったところ、あまりの出来栄えに言葉をなくしました。アイデアはもちろんだけど、とにかく企画書のデザインがスゴイ。自分のと比べると小学生の絵日記と美大生の卒業制作くらいの差がある。とてもじゃないけど恥ずかしくて見せられない。


それでもまあ、形はどうあれ途中で投げ出さずに応募できたので「参加したことに意義がある」って思うようにすることにしました。企画を考えるのは楽しかったし、どうすればそれをわかりやすく伝えられるか考えるのも楽しかった。また来年、リベンジしよう。今年はどんな企画が選ばれるのか楽しみ。


今はピンクリボン新聞クリエーティブコンテストに挑戦中。この2つで手一杯でSBSラジオCMコンテストは今年も参加できそうにないな~。そうそうSKATもちゃんと読まないと。




ほんっとに1年経つのがあっという間。今年ももうすぐ折り返し地点。歳をとるほど時間の経過が早く感じるのをジャネ―の法則っていうらしい。何にでも研究してる人がいて、ちゃんと名前がついてるのね。


去年六本木ヒルズの授賞式に出席したのがついこの間のことだったような気がする・・・(さりげなく自慢)。というわけで、今年も
【第13回 ピンクリボンデザイン大賞】がはじまりました。もうピンクリボンですよ、ピンクリボン。ということは宣伝会議賞だってすぐってことじゃん。まだSKATも発売されてないのに・・・。


まあジタバタしてもしょうがないので、当面はとにかくピンクリボンに全力投球。なんせ3年連続受賞と2年連続グランプリがかかってる(スキあらば自慢)。なぜか相性がいいコンペなので今年も何としても結果を残したい。じゃないと自慢できることがなくなってしまう・・・。


審査員長でもある中村さんの著書、『最も伝わる言葉を選び抜く コピーライターの思考法』を何度も読み返してるから、今回は選びに選び抜いた少数精鋭の自信作で勝負して、奇跡の2年連続グランプリを狙いたい!!!


・・・とこなんだけど、「書く力」はいうに及ばず「選ぶ力」が一朝一夕で身につくわけない。そして自己満足の自己採点が当てにならないことはイヤというほど思い知らされてる。本命コピーでの一本釣りはあくまで理想なわけで、結果だけを求めるなら選ぶのはプロに任せた方が得策よね。そのための?応募制限なしなんだし。というわけで今回も『数撃ちゃ当たる作戦』を決行します


とはいってもやみくもに出せばいいってもんじゃないから、過去の没コピーをそのまま使いまわすってのは当然なし。ただどうしたって切り口が限られてくるから、そこは表現の仕方を工夫するしかないよなぁ。


何よりも大事にしたいのは、「伝わる」・「刺さる」・「機能する」ってこと。見た人にちゃんと伝わって、他人事じゃないと感じてもらって、検診に行かなきゃって思わせること。当たり前のことなんだけど、その当たり前がなかなかできない。前回はそんなコピーがたまたま書けて、たまたま見つけてもらって、本当に運よく受賞できた。決して派手さはないけど、ストレートで強いコピーだったと思う。(自画自賛)


販促コンペの企画案が全然思いつかなくて現実逃避しつつ書いたコピーを数えたら50本近くあった。悪くないんじゃない?ってのもあるにはあるけど、やっぱり前回を超えてる気がしない。でも自分で気づいてないだけかもしれないし、とにかく今は必死で書くしかない。まだ始まったばかりだから、ひとまずは100本応募を目指そうと思う。


連覇がとてつもなく難しいことも、実力よりも運だのみってことも重々承知。でもやるからには一番いいコピー書きたいし、賞金欲しいし、褒められたいし、やっぱり誰にも負けたくない。だから死ぬ気で獲りにいく。




↑このページのトップヘ