宣伝会議賞のすすめ

国内最大の公募広告賞「宣伝会議賞」を通じて、キャッチコピーの魅力を少しでも多くの人に伝えたいと願う素人メタボ親父のブログ。 目標はグランプリと100万円!!そして『日本一コピーのうまい葬儀屋』を目指します。



はじめに・・・

今回のエントリーはおそらくかなり長くなります。画像や文字数に制限があるため何回かにわけての掲載となります。また独断と偏見に満ちた感情論が大部分を占めると思われるので、不適切な表現・不愉快に思われる表現もあると思います。あらかじめご承知のうえお読みください。



先日、【第55回宣伝会議賞】の『眞木準賞』がひっそりと受賞取り消しになり、該当なしとなりました。公式ページで発表されたもののトップページの冒頭でのアナウンスではないので、未だにその事実をご存知ない方もいらっしゃっるのではないかと思います。
取り消し












ツイッターやFBなどで一時話題にのぼったものの、その後はこれといった意見やリアクションは見られず。まあ詳細もわからないし、かなりの説明不足とはいえ公式に発表された以上「はい、そうですか」としか言いようがないのが実際のところかもしれません。

宣伝会議賞のいち応募者として、今回の件でどうしても納得いかないことがあるので、批判は覚悟の上で思ったことを述べさせていただきます。



まず今回の眞木準賞の受賞作は牛乳石鹸共進社の課題でこちらのコピー。


ねぇ、鈴木くんくん。


受賞取り消しの理由は、「類似しているコピーが存在したため」とのことです。


宣伝会議賞では以前から過去作と似たようなコピーが受賞する、または3次やファイナリストに残るケースがあり、その度に物議を醸してきました。


例をあげると

おいしさに「サ」のつくラップ。  SKAT.11  第49回 協賛企業賞  旭化成

おいしさに「サ」のつくラップ。   SKAT.10  第48回 1次通過作品  旭化成


「しょうゆ取って」の距離に、いてくれませんか。 SKAT.14  第52回 協賛企業賞  キッコーマン

ずっと「お醤油取って」の距離でいて下さい。    SKAT.9     第47回 最終ノミネート  キッコーマン


俺の機嫌は安いなぁ。              SKAT.13  第51回 ファイナリスト 霧島酒造

わたしの機嫌って、なんて安いんだろう。   SKAT.11  第49回 最終ノミネート  森永乳業


記憶に残っていたものをあげただけなので、これ以外にもあると思います。サランラップは過去の応募作とまったく同じ。その他は「類似性がある」と言えると思います。ちなみにこれらは自分の知る限り、ほんの少し話題にはなったものの、特に問題になったり受賞取り消しにはなっていません。


コピーの性質上、偶然似たような、もしくはまったく同じ表現になってしまう可能性はけっしてゼロではありません。 それは応募されている方ならよくご存知だと思います。特に宣伝会議賞のような何十万ものコピーが集まる場合は、同案多数なんてのはよくあること。1次審査で落とされているので気になりませんが、同じようなコピーが山ほどきてるはずです。審査員もコメントでたびたび嘆いています。



さて、今回の眞木準賞、類似したコピーというのは恐らくこれです。
KIMG0335

























SKAT.9  第47回 1次通過作品  ユニリーバ・ジャパン


これって「類似しているコピー」でしょうか?ちなみに「類似」の意味を検索するとこう出てきます。


類似・・・[名](スル)互いに共通点があること。似かようこと。「筆法が類似している」「類似品」


眞木準賞のコピーとユニリーバのコピーは、使われているひらがなも漢字も、句読点の位置もまったく同じ。完全に一致します。これは類似ではなく「同一」と言った方が正しいと思います。なので取り消し理由は「同一のコピーが存在したため」にすべきです。



あまり話題にはなっていませんが、今回シルバーを受賞したコピーにも過去に似たものが存在します。

ラフティング
ラフティング


















SKAT.11  第49回 1次通過作品  分子生理化学研究所 レスベラトロール(サプリメント)


これって似てますよね?もし受賞取り消しの理由が「類似しているコピーが存在したため」ということであれば、こちらも問題になってもいいばすです。事務局がまだ把握していないだけかもしれませんが・・・。断っておきますが、これを取り消しにすべきとは思っていません。あくまでも眞木準賞以外にも似たコピーがあるという事実を知ってもらい、審査基準のあいまいさを伝えたいだけです。


では「同一のコピーが存在した」として、どうして今回だけ受賞取り消しになったのでしょうか?前にあげたサランラップは同一のコピーがあっても取り消しにはなっていません。今回は通報があったから?眞木準賞だから?


最終的な判断基準は、偶然の一致?か故意の盗作?かどうかだと思います。ただし、偶然か故意かを100%判断することは不可能です。本人が認めでもしない限りは・・・。













































































































































2次会終了直前、贈賞式に参加していたメンバーからまさかの合流希望の連絡が。貴重な話を聞けるチャンス。もちろん即オッケー。すぐ近くの店に入れることになり、到着を今や遅しと待つ。

以前から付き合いのある2年連続ファイナリストの柴田さんが、ニチバンで協賛企業賞のコジマさん、フェリカネットワークスとマネックス証券で協賛W受賞の郡司さん、キヤノンで協賛企業賞の中谷さんを誘ってわざわざ来てくれた。受賞者は勝ち組同志で朝まで飲んでると思ってたからビックリ。まぁこれも俺の人徳よね・・・そういうことにしておこう

3次会はその4人を含め10名でスタート。スーツでビシッと決めた受賞者からは、明らかな勝ち組オーラが漂ってる。くやうらやましいぃぃぃぃ。とりあえず受賞を祝って乾杯!!話題はもちろん贈賞式のこと。「受賞の連絡はいつ来たか?」とか「何本出した?」とか「リハーサルはどんなことしたの?」とか「中継には映ってなかったけど、あの表紙のアイドルこなかったの?」とか、喰い気味に質問攻め。

郡司さんは以前から宣伝会議賞はもちろん、ラジオCMコンペでも何度も名前は目にしてた。もの凄く腰が低くて、もの凄く物腰が柔らかくて、いい人オーラが溢れた仏のような人だった。以前は伊豆高原で働いていたこともあるそうで、静岡愛にも溢れてた。

コジマさんは贈賞式前から反省会があることを知って、当日抜けられたら合流したいとわざわざ連絡してくれていた。まさか本当に来てくれるとは!!ツイッターでは意識高い系の人をイメージしてたけど、気さくで熱くてやっぱりイケメンだったこのブログを「心のよりどころにしてた」とまで言ってもらえて、恥ずかしかったけどちょっと泣きそうになった。

中谷さんは大学生で一見クールだけど広告の話になるとアツかった。就職のために上京してひとり暮らしを始めたばかりらしい。キヤノンは応募数ナンバーワンの最激戦区だったのに、わずか数十本出して受賞した強者。キヤノンのお偉いさんのツルの一声で決まったとのこと。

柴田さんは2年連続ファイナリストなのに今年も惜しくも賞に届かず。あれだけ色んなコンペで受賞してるんだし今年こそイケると思ったのに、審査員も見る目ないんじゃないの?さすがにガチで凹んでた。それでもすぐに冷静に自分の敗因を分析してたのはさすが。来年は間違いなく受賞するはず。というかさっさと卒業してほしい。

終電間近の時間になり何人かが帰りはじめたころ、柴田さんがスマホを見てポツリとひと言。


「林さんと向井さんがくるかも?」


えっ!?林さんってあの林さん?ウソでしょ!?ただでさえ無駄に高かったテンションがさらに上がった。終電で帰る予定だったのに林さん達がくると聞いて延長?する人も。

数十分後、おふたりが到着。本当に来てくれるなんて!!柴田さんに感謝感謝。だってこんなチャンス二度とないもんね。特に林さんは今年で卒業だし。 さすがにおふたりともかなりお疲れのご様子。そりゃグランプリともなればみんながほっとかないよね。早速「はじめまして、おめでとうございます!!」と挨拶したら、「はじめてじゃないですよ」と返されてしまった。よく考えたらシルバー受賞したときに贈賞式でお会いして名刺交換してた。しょっぱなからめちゃくちゃ失礼なことをしてしまった・・・。

向井さんはオリックスと東京証券取引所で協賛W受賞。その上カスタムプロデュースと東京個別指導学院の2本でもファイナリスト進出。まさに向井無双!!幾度となく名前を拝見してたから「この人があの向井さんかぁ」とため息が出てしまった。

おふたりとも関西出身なのでノリがめちゃめちゃよくて、とにかくトークが面白い。2人の掛け合いはまるで漫才コンビのようで、テンポが良くてボケもツッコミもうまい。ちょいちょい挟む宣伝会議賞へのブラックジョークがツボ過ぎた。でも時々確信を突きすぎていて笑えなかったして・・・。

グランプリのコピーは特に自信作だったわけでもなく、まさか名前が呼ばれるとは思ってなかったらしい。同じ課題ではもうこれ以上のものはないくらい、シンプルながら核心を突いたとてつもないコピーだと思うのに、ご本人的にはそんなに納得してないって話にびっくり!!理想というか自分に課してるハードルがめちゃめちゃ高いんだなぁ。

そんな林さんでも毎回気合い入れて出してるのに全然1次通らない課題があるらしいと聞いてホッとした。ちなみにピンクリボンも全然ダメらしい。フフフッ、ちょっぴり優越感。スカパーのコピーも褒めてもらえてうれしかったなぁ。どさくさまぎれに恥をしのんでクレディセゾンの応募作を見てもらったけど、やっぱりノーリアクションでした・・・。

その後も柴田さんの秘蔵のデータ集を見せてもらい、そのあまりの精密さと膨大な量に感心を通り越してドン引きしたり、林さんの卒業する今だから言える宣伝会議賞の裏話や、「そこまでしてるんだ!!」と鳥肌が立ってしまうほどの宣伝会議賞攻略法まで、とてつもなく貴重な話をうかがうことができた。できるならその場にいた俺以外の記憶を全部消したい。

やっぱり常に結果を残す人たちはみんな、その実力は言うまでもなく、それに胡坐をかかず人の何倍もの凄い努力をしていた。でも参考にするどころか、とても真似のできるようなレベルではない。どうやっても埋められそうにない圧倒的な差に、希望を見出す前に絶望を突きつけられた感じ・・・。これは本当に1から、それこそ10年計画でも立てて取り組み方を変えないと、グランプリなんて一生手が届きそうにない。

結局店の閉まる朝5時まで飲み明かし、その後は始発待ちの中谷さんと24時間営業の喫茶店で2人で語ってた。授賞式には出られなかったけど、新しい出会いと刺激に溢れた本当に楽しくて最高の1日だった。同じ目標を持つ仲間が増えたのは心強いけど、同時に倒すべき強力なライバルも増えた。みんなと授賞式に行きたいけれど、誰にも負けたくないと思った。こんな素敵な仲間に恵まれて、自分は本当に幸せものだと思う。でも、もっと幸せになるためにも、死にものぐるいでてっぺん目指さないとね!!



「林さんのコピーが見れなくなるのは寂しいなぁ」と誰かが言ったときの、林さんのひとこと。




「でも僕のコピーはSKATに必ず載りますから・・・。歴代グランプリとしてね」








眞木準賞が受賞取り消しになり、該当なしになりました。この件で言いたいことがクソほどあるのですが、それは後日あらためて・・・。


もはや誰も興味なさそうですが、前回の続き。えーと新宿のネットルームに入ったところからね。


授賞式の中継、「うおっ」とか「すげぇ」とかひとりで奇声をあげながら見ました。中高生部門のグランプリの女の子。コピーは言うまでもなくとっても素晴らしいのですが、さらにその受賞コメントがすごい。いくら考える時間があったとはいえ、あの舞台上で緊張した様子もなくサラっと言えちゃうメンタルの強さ。何かもうキラキラして眩しすぎて直視できない・・・。アオハルかよ!!

大人部門。まずは協賛企業賞。コピーがどうのより、オクーさんがイメージ通りのジェントルメンだったのと、コジマさんがやっぱりイケメンだったことに興奮してた。ファイナリストはぶっつけでの発表。最初は一生懸命メモってたけど、あまりに早すぎて途中であきらめた。どれも自分じゃとても書けないものばかり。次元が違いすぎて、悔しいとすら思えなかった。そんなことじゃイカンのだけれども・・・。


虎の門ヒルズで勝ち組が華やかなパーティーをやってるころ、歌舞伎町の小さな居酒屋で負け組の反省会がひっそりスタート。お久しぶりの人と初対面の人、合わせて11名。オープニングに何を言おうか電車の中でいろいろシミュレーションしてきたのに、例によってグズグズのままとりあえず乾杯!!

序盤はみんな緊張してるので、ここで場を和ませるために秘密兵器「SSMT」を投入・・・したんだけどいまいち喰いついてこない。なんかこう、もうちょいリアクションあってもいいんじゃない?アイカツのゲームをエサに娘を説得して写真撮るの、結構たいへんだったのよ。

とりあえずひとりずつ簡単に自己紹介。同じように宣伝会議賞のブログをやってる人やヒューマンビートボックスをやってる人がいたり。年齢も職業もバラバラだけど、みんなコピーが好きなのは一緒。宣伝会議賞がなければ会えなかったであろう人ばかり。こういう出会いがあるから、なかなか結果が出なくてもやめられないのかもしれない。

これ以上ない共通の話題があるんだから、慣れてきちゃえば勝手に盛り上がってくるわけで。「中継みた?」「今回のグランプリどうよ?」「どのコピーがいちばん好き?」「何本出した?」「全課題やる派?絞る派?」「どれが一番自信あった?」「どんな風に考えてる?」などなどなどなど・・・。お互いに聞きたいことも言いたいことも山ほどあって、時間が経つのがあっという間。さっき始まったばかりだと思ってたのに、店員さんが「飲み物ラストオーダーです」と聞きにきた。えっ!?もうそんな時間???ぜんっぜん話し足りない。

最後に当初予定していた『グランプリ予想大賞』のかわりに『即興コピーバトル』をやってみた。みんなから集めたお題を抽選でひとつ選び、制限時間5分でコピーを書いて多数決で優勝を決める静岡会ではおなじみの企画。お題は『回転ずしに行きたくなるコピー』に決定。スマホのタイマーをセットして用意スタート。それまでしゃべっていた全員が一気に無言のガチモードに。いやいや、ちょっとしたお遊びなんだからそんなに真剣にならなくても・・・。

みんなのコピーを集めてホワイトボードに書き出し、自分以外のいいと思ったコピーにひとり1回手をあげてもらう。どのコピーも甲乙つけがたく、予想以上に票が割れた。結果、初参加の女の子が僅差で優勝!!主催者的にはいちばん理想的な展開でよかった。賞品はエンピツ型トロフィーと、エンピツ型のペンスタンド。気に入ってもらえたみたいでよかった。予想大賞が企画倒れになったときどうしようかと思ったけど、思いのほか盛り上がった。いつもはひとりで考えてるからこうしてみんなでコピーを考えるのは楽しい。

そろそろ店を出なきゃいけない時間。2次会は人数も半分くらいになる予定だったし、場所適当に探せばいいやと思って特に考えていなかった。ところがまさかの全員2次会参加希望。うれしい悲鳴だけど、今からこの人数が入れる店を探すのは難しいし、何より移動が面倒。いちかばちかのダメ元でお店に延長をお願いしたら、こころよくOKをいただいた。なごみ新宿東口本店最高!!そんなこんなで2次会に突入。

2次会からお久しぶりのSさんが遅れて登場。仕事がかなり忙しい中、それでも是非にと来てくれた。これで12人中5人が受賞者もしくはファイナリスト経験者。よく考えたら結構豪華メンバーよね。一応反省会の名目なので、お互い今回応募したコピーを見せあうことに。

自分は全コピー653本を持参。でもさすがに1次すら通過してないコピーを見せる勇気がなくて、複数通過したキヤノンとクレディセゾンだけいいと思うコピーにチェックをしてもらうことに。クレディセゾンには全応募作中No.1の自信作がある。そりゃグランプリのコピーと比べたら月とすっぽんどころか、全銀河系とミジンコくらいの差はあるけどさ。それでもひとりくらいは印をつけてくれるんじゃないかなぁ~・・・なんていう淡い期待は木端微塵に。やっぱり致命的に見る目がないらしい。

で、ここでみんなのリクエストで急遽2度目のコピーバトル。こんなこともあろうかと用意しといた予備の賞品「ラインプリペイドカード1000円分」。抽選の結果、お題は『選挙に行きたくなるコピー』。わりと定番課題なので振り切ってやろうと悩んだけど、5分では何も思いつかず結局超無難で真面目なありがち路線。絶対ないなと思ってたのに、これがまさかの優勝。やっぱり見る目がないらしい。

自分で買った賞品を持って帰ってもしょうがないので3回戦突入。お題は『もう1杯注文したくなるコピー』。今度こそみんなが唸るような気の利いたコピーを目指す。いい感じかなと思ったけど一歩及ばず、優勝は初参加の別の女の子。うん、またしても理想的。ヤローじゃなくて結果オーライ。

そのあとも店員さんに写真を撮ってもらったり、コピー以外の話をしたり。なかなか席替えができなくてゆっくり話せなかった人もいたけど、とにかく楽しかった。最後に用意した粗品もおおむね好評の様子。なかなか参加者が増えなかったり、いろいろ想定外のこともあって準備もバタバタしたけど、やっぱりやってよかった。反省会のはずが、結局誰よりも楽しんでしまった。全体的には大成功だったんじゃないかな?そう信じたいけどどうだろ。またやりたいと思ったけど、反省会が恒例になったら困るからもう2度とやらない方向で・・・。

ライングループも作ったし、同じ目標を目指す仲間と同時に、負けられないライバルが増えてしまった。次はこの中の誰かが、できれば全員で、いや俺だけでいいから虎の門ヒルズに行けますように・・・。反省会の幹事は誰かにお願いして、自分はスペシャルゲストとして3次会あたりから合流します。


さてまだまだ夜はこれから。これからどうしようかと悩んでいると、まさかの勝ち組メンバーから合流希望の連絡が・・・
























↑このページのトップヘ