宣伝会議賞のすすめ

国内最大の公募広告賞「宣伝会議賞」を通じて、キャッチコピーの魅力を少しでも多くの人に伝えたいと願う素人メタボ親父のブログ。 目標はグランプリと100万円!!そして『日本一コピーのうまい葬儀屋』を目指します。


19日にCCN賞2018公開審査会に行ってきました。

CCN賞とは、コピーライターズクラブ名古屋が主催し選出する広告賞。その1番の特徴は何と言っても公開審査。応募作や審査の様子を誰でも自由に見学できるってところ。

しかも結果は当日開票・当日発表。誰がどの作品に票を入れたのかが全部わかっちゃう。出品者にとっては超ドキドキの日本一オープンな審査会。

前から興味はあったものの、実際名古屋まで行くとなるとそれなりの覚悟が必要なわけで。休みをとるのはもちろん、交通費とか交通費とか交通費とか・・・。そんなこんなで「いつかは行けたらいいなぁ」と思いつつ、なかなか行動にはうつせずにいた。


ところがチャンスは突然やってきた。


金曜日、仕事を終えて帰ろうとしたら「明日ヒマそうだから休んでいいよ」とのお達しが。よく考えたら2週間近く休んでなかった・・・。すっかりブラックな労働環境に慣れちまってる。急に言われても特に予定もないし、家で寝てるか久しぶりに家族ででかけようかな?なんて思いながらツイッターを見てたら、「明日は公開審査会」って書きこみを発見!!

「ちょっと待って、これはもう行くしかなくね!?」と公式ページを見たら、事前申し込みはとっくに締め切りを過ぎてやがる。「ウソ・・・だろ!?ウソだって言ってくれよ!!何だよそれ、人がせっかく行く気マンマンになったのに・・・。だいたいもっと早く休みって言えよ、アホかっ!!」ってふてくされてつぶやいてたら、親切にも「申し込みしなくても大丈夫ですよ」とリプをくださった方が・・・おお、あなたが神か!!

速攻で電車の時間を調べる。新幹線を使っても思ったより時間かかる。午前中に着くには朝一で出ないと。すでに寝ていた妻を叩き起こす。交渉の末、赤福を買ってくることを条件になんとか名古屋行きの許可をGET。しかも行き帰りの駅までの送迎までしてくれるなんて・・・ああ、あなたも神か!!今日ほど結婚してよかったと思ったことはない!!

そんなこんなでほぼ勢いだけでまさかの名古屋行き決定。子供たちよ、諦めなければいつか夢は叶うんだよ。次の休みは必ずどこか遊びに連れていくからね。母さんのことは頼んだ。

いざ行けると決まったら急に緊張。ドキドキして眠れない。忘れものがないか何度もチェック。駅から会場までのルートを確認してイメージトレーニングをくり返す。眠くなったから少し寝よ、と思った時にはすでに朝。


熱海駅8:44分発のこだま号。新幹線なんて修学旅行以来じゃない?名古屋までは2時間。駅弁も買って準備万端。
KIMG0084


















どう考えても不自然なのにコピーの本をいっしょに写してみる。「空き時間は常に勉強してますよ」アピールのためのコピーライター志望にありがちな演出。

もちろん、駅弁喰ってすぐ爆睡した。






ブレーンで行われているコピーコンペ、ご存知『Cー1グランプリ』

Round136 出題テーマ 『女子がもっと気軽にAVを観る世の中になるコピー』で、準グランプリを受賞しちゃいました!!
Screenshot_20180501-200248








前回のグランプリに続き、まさかまさかの連続受賞。2ヶ月連続でブレーンに名前が載るなんて、少ないお小遣いで定期購読を始めた甲斐がありました。

難しいテーマで全然本数書けなかった記憶しかなくて。当然自信なんかこれっぽっちもなかったのですが・・・これはもう奇跡以外のなにものでもない。

今までは箸にも棒にもかからなかったし、特に何か変えたわけでもないから、たまたま審査員との相性が良くてうまくハマった感じ。実力と呼ぶにはまだまだ運の割合が強いよなぁ。

宣伝会議賞は惨敗だったしSKATは一向に発売される気配もない。販促コンペに挑戦するつもりでいたけど全然アイデアが出てこない・・・。おかげでブログに書くことなくて困ってたけど、こうしてまたうれしい報告ができてよかったよかった。

もうすぐ宣伝会議賞と並んで本命にしてるピンクリボンもはじまるし、何とかこの勢いのまま少しでもいいコピーが書けるように頑張らないと!!

ところで前回グランプリの賞品?が未だに届かないんですけど・・・。
確か原稿用紙的なものをもらえるはずじゃなかったでしたっけ?


もしかして例の一件で嫌われてるんじゃ・・・










ブレーンで行われているコピーコンペ、ご存知『C-1グランプリ』

Round135 出題テーマ 「今度こそ!ダイエットを成功させるコピー」でグランプリを受賞してしまいました!!
Screenshot_20180330-222118


























おまえに言われたくないわ!!!






って声があちこちから聞こえる・・・。

C-1グランプリの課題を知るにはブレーンを見るしかない。でも市内はおろか県内の本屋にも置いてやしないから立ち読みすらできない。たま~に誰かがツイッターでつぶやいてるのを見つけたときに、つまみ食い的?に参戦していました。ただそのレベルの高さにまったく歯が立たず・・・。

去年1年間何一つ受賞できなかったので、今年はちゃんと挑戦しようとデジタル版の購読を決意。少ない小遣いでデジタル版の月864円はかなり痛い・・・。けど打率が悪い以上、結果を出すには打席を増やすしかない。その一発目が今回のダイエットの課題。なんという巡りあわせ。まさに俺のために出されたようなテーマ。

ダイエットなんていたるところでさんざんこすられてる。当たり前のことを言ってもしかたない。そもそもガチのデブに「運動しろ」とか「健康によくない」とか「間食するな」とか生半可なアドバイスしたところで、馬の耳に念仏で焼け石に水で猫に小判で豚に真珠。わざわざ気を遣ってオブラートに包むだけ無駄無駄無駄無駄ぁ。すべては脂肪という壁にはばまれるのです。

ならいっそ全力で突きはなして現実を思い知らせるべきかなと。わりとすぐに思い浮かんだものの、さすがにこれはないだろうと思ってた。突然亡くなる人はやっぱり太った人が多いのは事実。それでもやっぱりコピーで「死ぬ」なんて使うのはちょっとね・・・。他にこれ以上インパクトあるのができなくて、まったく期待せずに出したらまさかまさかの会心の一撃!!

案の定、審査員からは広告には使えないというコメントだらけ。そんなコピーがグランプリでいいの?とは思うけど、その辺がC-1グランプリならではなのかな。まあなんにせよグランプリですよ、グランプリ。最近偉そうに文句ばっかり言ってるオッサンと思われてただろうから、「意外に実力あるんすよ、自分」ってのを見せられてよかった。

それにしても、何時間もかけて悩みに悩んで何度も見直して書いた記事より、パッと思いついたコピーでたまたまグランプリ獲っちゃったことの方が、「いいね」が圧倒的に多いのはどうなのよ?うれしいような切ないような・・・。要するに、うれしいお知らせはみんなもうれしいってことね。

こんなコピーを書いといて自分が死んだらホントに笑えない。でもその可能性は冗談抜きで高そうなのよね。会心の一撃がリアルで痛恨の一撃にならないように、何より宣伝会議賞でグランプリ獲るまでは死んでも死にきれないので、今度こそ!ダイエットを成功させます。












↑このページのトップヘ