宣伝会議賞のすすめ

国内最大の公募広告賞「宣伝会議賞」を通じて、キャッチコピーの魅力を少しでも多くの人に伝えたいと願う素人メタボ親父のブログ。 目標はグランプリと100万円!!そして『日本一コピーのうまい葬儀屋』を目指します。

2018年09月


9月も残すところあと10日をきりました。 恐ろしいことにもうすぐ宣伝会議賞の半分が終わってしまう・・・。

数を出す重要性を実感し、今年は目標を1000本に設定したものの、ペースは遅々としてあがらず。大幅に下方修正することになりそう・・・。

ネット上では「1000本書けた」とか「2周目突入」とか、順調っぷりをアピールしてる人がどうしても目につく。本来なら実力で劣る分を努力でカバーするべきなのに、それすらできないなんて勝ち目があるわけがない。

「うちはうち、よそはよそ」と思ってはいるものの、焦るなって方が無理。だって俺はまだ5課題くらいしか手をつけてないもん。しかもメルカリとかバスクリンとかショーコラとか、いかにもやりやすそうなやつしかやってないのに、全然書けてない。こんなんで後半盛り返せるとは思えない・・・。

宣伝会議賞ブログなのに役に立つことなんも書けなくて申し訳ない・・・。こちらの2つのブログ読んだ方が、5000000000000000000万倍役に立ちます。



宣伝会議賞でグランプリを目指すブログ

皆さんご存知のヒヒ馬さんのブログ。いまや宣伝会議賞に応募する人で見てない人はいないでしょう。的確な分析とわかりやすい解説。何より宣伝会議賞を誰よりも楽しんでるのが伝わってくる。しかも応募期間中なのに毎日絶賛更新中。いい意味で変人です。なんかもう、グランプリはこういう人が獲るんだろうなって・・・。



創作びより

コピーライター大野さとみさんのブログ。もちろん受賞経験も複数ある。資料の見つけ方からボキャブラリーの増やし方、コピーの発想方法まで、プロのテクニック満載。それを書いたノートまで惜しげもなく公開してくれている。とてつもなく勉強になる。と同時に、今まで自分がいかに行きあたりばったりでやっていたか思い知らされる・・・。


おふたりに共通するのは、どちらもとにかくマメで几帳面計画を立ててそれをきっちり実行できる強い意志があること。ものすごく参考になるけど、同じことをしようと思っても俺には絶対に無理。なんかもうコピーうんぬんじゃなくて、人として根本的なところでレベルが違うんだと思う。

こんなの見せられちゃうと、どうあがいても勝てそうにない。けど、それでももしかしてもしかしたらがあるのが宣伝会議賞の面白いところ。打率では逆立ちしたって勝てないけど、まぐれ当たりでも超特大ホームランが打てれば逆転はできる。(まあそのホームランを打つためにはコツコツを努力を重ねるしかないんだけど・・・)この際それは置いといて。そうじゃないとこの先、夢も希望もなくなってしまう。

書いた本数はまだ少ないけど、わりといいじゃんってのもいくつかある。ショーコラとかショーコラとかショーコラとか、ほんのちょっぴりバスクリンとか。あとあまり大きな声じゃ言えないけど、メルカリで眞木準賞狙える(当社比)やつもあったりなかったり・・・。

またしても1次通過すらしないかもだけど、会心の一撃になる可能性だってなくはないはずだと思いたいけどそんなわけないかもしれないしそれでも勝負は下駄を履くまでわからないと信じたい。

つまり何が言いたいかというと、ダメ元でも最後まであがきましょうと。ワクワクしたかったら一生懸命やるしかないのよね。

ブログを見るだけでふたりとの差は歴然・・・





会場は扇町にあるTAMコワーキングスペース

全然関係ないけどコワーキングスペースって言いにくいというか、しっくりこなくないですか?仕事柄、先頭に「コ」がつくとどうしても、故 〇〇〇〇 が浮かんできて区切りたくなっちゃうんですけど。そんなん俺だけか・・・。

19:00の開場時間ちょうどに到着。ガラス張りの部屋の奥には、すでに今回の講師である4人の姿が。なんかもうオーラが半端ない。ドキドキしながら恐る恐る中へ。



「こんばんは・・・お久しぶりです・・・」
 
といい終わらないうちに



「なんで来たんですか!?」




と、とってもあたたかいツッコミで迎えられました。吉川さん・野田さん・向井さんの3人とは授賞式や飲み会でお会いしたことがあり、初対面の貝渕さんもツイッターでつながってるからかあんまりはじめまして感がない。皆さんとても気さくでフレンドリーな方々なので、思ったより緊張せずに済みました。

一言一句聞き洩らさないように最前列(でもすみっこ)に陣取りスタンバイ。受講者は男女あわせて20人くらい。そのうち半数はまだ宣伝会議賞未経験とのこと。受賞経験者は自分を含め3人(さりげなく自慢)

宣伝会議賞の概要をざっくりと説明した後、講師4人が順番に自己紹介。輝かしい受賞歴に場内騒然・・・かと思いきやそうでもない。たぶんどれほど凄いことかちゃんと理解できてないんだと思う。

ここからがいよいよ本題。

まずは実際の受賞作を例にして、そこに至るまでプロセスを詳しく解説。オリエンのどこを重視したか?や、なぜこの言葉をチョイスしたのか?、元ネタになったエピソードなどなど。さらには協賛企業や審査員がどういう評価をしていたか?や、授賞式での裏話まで。なんかもう、凄すぎてため息しかでない・・・

次はアイデアの見つけ方について。どうやって切り口や視点を増やし、どうやって量を書くのか。4人それぞれに自分のスタイルがあって、そのどれもが今すぐ真似しなきゃと思うものばかり。もちろん同じようなことはしてるんだけど、密度とか濃度とかあらゆるレベルが段違い。目からウロコが落ちまくり

その後もよくある質問に答えたり狙い目課題を教えてくれたりと盛りだくさん。内容がためになるのはもちろん、ポイントがわかりやすくて説明が上手い。お互いにツッコミを入れたりしてテンポもよくて飽きさせない。関西の人って誰でもこんなにナチュラルにトークできるの?おかげで1時間半があっという間に終了。もっともっといろいろ聞きたかった。


宣伝会議賞受賞のポイントはざっくり3つ。


➀受賞作は自信作ではない。

これだけ実力と実績がある方々でも、出したことすら忘れたものが受賞することだってある。出せるだけ出すべし。選ぶことに意味がない。


➁運に大きく左右される。

審査員の好みで結果は違ってくる。たとえば1次審査でダジャレが嫌いな審査員に当たったらそれ系のコピーは全滅。逆もある。できるだけ色んなパターンで出す。いいコピーでも他とかぶったらNG。


➂とにかく数を出す。

何が選ばれるかわからない以上、とにかく数を出して少しでも確率を上げるしかない。質は量からしか生まれない。ただし「てにをは」を変えただけではNG。計画を立てノルマは必ず守る。



「こんなん当たり前だろ」「今さら言われなくてもわかってるよ!!」って人も多いと思う。誤解のないように言っときますが、こんなもんじゃないですよ。もっと核心に迫った重要ポイントはいくつかある。けど受講料を払っている人がいる以上、ここで詳しいことは教えられないのです・・・申し訳ありません。

基本やってることはそれほど大きく違わない。課題を調べ、キーワードを見つけ、切り口を探し、どう表現したらもっとも伝わるか、試行錯誤をくりかえし形にする。それをひたすらくり返す。宣伝会議賞に応募する人なら誰もがやってる。もちろん自分も・・・。

じゃあ何が違うのか?それはひとことで言うなら『覚悟』だと思う。誰よりもいいコピーを書きたい。見たことないようなコピーを書きたい。面白いコピーが書きたい。贈賞式に行きたい。グランプリが獲りたい。100万円がほしい・・・。それを叶えるために『2ヶ月すべてを捧げる覚悟』。

何度も受賞するなんて、そもそもセンスが違う・・・って、すぐに思いがち。確かにもって生まれたセンスってあるかもしれない。でもだからと言ってサラッと書いて簡単に受賞してるわけじゃない。見えないところで尋常じゃない努力をしてる。もし違いがあるとすれば、何度もあきらめずに挑戦し、何千何万ものコピーを書くことでセンスを磨き続けてきた努力と覚悟の差だと思う。

しかも厄介なことに、その努力を努力とすら思ってなくて当たり前だと思ってるのよね。むしろそれを楽しんでさえいる。だから一見すると何の苦もなく受賞してるように見えちゃう。

仕事が忙しいから・・・。遊びに出かけるから・・・。明日今日の分書けばいいや・・・。コピーは全然思いつかないくせにサボる言い訳は無限に出てくる。で、ちょっとでもいいコピーができると、これ以上はないなって勝手に満足して限界を決める。そんな自分に勝ち目があるわけがない。毎回がんばる、やるしかないと言いつつ、絶対的な覚悟が足りない・・・。そのことを痛いほど思い知らされた。

そのあと会場にて懇親会。コピーライターさんの他にもデザイナーさんやカメラマンさん、学生さんなどなど顔ぶれはさまざま。名古屋から来てる方も。ほぼ全員にあいさつして名刺を渡せた。さすがに俺が一番遠かったけど・・・。たぶん相当な変わり者だと思われたでしょう。ありがたいことにブログを見てくれてる方も多く、すんなり話ができた。中には何年も前に直接メールをくれた女性もいて、「まさかこんなところで会えるとは思わなかった」と喜んでくれました。(うっすらとしか記憶になくてすいません)ブログやっててよかった。

懇親会も終了して解散。みんなで駅へむかう。「このまま帰るのかなぁ」なんて思ってたら、学生さんたちが2次会に行くらしい。ここぞとばかりに便乗したら、なんと野田さんも貝渕さんも向井さんも参加してくれることに。そのまま近くの居酒屋へ。

授賞式にでも行かない限りこんな貴重な機会はない。なんせ現在進行形で宣伝会議賞に挑戦してるわけで、聞きたいことは山ほどある。講座では質問できなかったことや、例のパクリ問題、どのコピーが好きとか嫌いとか、事務局の悪口とか文句とか、とにかく話題は尽きない。結局始発が動くまでひたすら熱く語ってました

帰りには新大阪駅で見つけたそじ坊にもよって、コピーのヒントもいくつかGETできました。
IMG_20180906_162407

鴨つけそばを食べました。わさびの入った大人のポテトサラダがイチオシ。おいしかったです。




551の豚まんも無事GET!!写真は撮り忘れました。イメージより小さかったけど味は抜群。おいしかったです。


夜行バスの運休で一時は諦めたけど、やっぱり行ってよかった。講座は今すぐ実践したくなるアドバイスだらけで本当にためになったし、懇親会と二次会では新しい仲間やライバルもできた。この中から受賞者が出たらうれしいけど、負けるのは絶対イヤだ。

応募開始から10日。スタートダッシュには完全に失敗したけど、まだ始まったばかり。ちょっとコツを聞いたくらいですぐに結果が出せるわけじゃない。けどそれを少しでも活かせるよう全力を尽くそう。

企画をしてくれたモノカキモノ会議さん、講師の皆さん、会場でお会いした皆さん、本当にありがとうございました。皆さんとした授賞式で会う約束が実現できるよう、精一杯がんばります。


大阪楽しかった~!!




IMG_20180905_110926














きちゃった・・・






夜行バスの運休で大阪に行けず失意のどん底。漫画を読むでもなくコピーを考えるでもなく、ただなんとなくゴロゴロしてほとんど眠れず、気づいたら朝。帰ってもやることないし(いやコピー書けよ) 、『カメラを止めるな』でも見ようと上映時間を調べたら、午後からしかやってない。しかも映画館までは駅からバスに乗らないとならないらしい。さすが田舎。

このまま時間をつぶそうとも思ったけど漫画を読む気分でもないし(いやコピー書けよ)、薄暗くてカビ臭いし、こんなとこにいたらますます気が滅入る。行くあてもないけどとりあえず駅に向う。

昨日は運休していた電車は、多少のダイヤの乱れはあるものの始発から普通に動いてる様子。もちろん大阪行きの新幹線も。つまり行こうと思えば今からでも行ける。でもお金もないし・・・。どうする?どうする?ど・う・す・る?君ならどうする~♪と電磁マンの歌が脳内でヘビロテ。

よく考えろ、チャンスは今しかない。金がないなら来月のわたしに任せればいい。行け行くんだジョー・・・気づいた時には切符を握りしめ新幹線の車内に立っていた・・・うそ、普通に乗った。

およそ3時間後、道頓堀に到着。折れた街路樹やら吹き飛ばされた看板やらゴミやらがそこら中に積み上げられ、台風による被害の大きさを物語っていた。

いったんはキャンセルしたネットルームに行きチェックイン。広さは昨日のネカフェとさほど変わらないけど、キレイさが段違い。ひとまず荷物をおいてシャワーをあびる。講座は夕方からなのでそれまで寝るつもりだったけど、興奮して寝つけないので道頓堀を散策することに。

朝から食べてないから何か大阪っぽいものを食べたい。けど、お好み焼きとか串揚げはひとりじゃちょっと入りにくい。ウロウロしてたら神座を発見。名前は聞いたことあるし、ここでいいや。
IMG_20180905_112642


記念すべき?初神座。白菜の甘みが出てる。最近醤油豚骨と塩ラーメンの店ばっかりなので新鮮。おいしかったです。



たこ焼きの食べ比べとかもしたかったけど、ひとりじゃそんなに食べられない。店もたくさんありすぎてよくわからないので、行列ができてたとこで買って部屋に帰って食べた。
IMG_20180905_121853


確か十八番って店。天カスがかなり入ってた気がする。おいしかったです。




土地勘がまったくないので、乗換案内とgoogle mapで何度もルート確認して、迷子になってもいいように余裕をもって出発。迷わずすんなり到着したのはいいけど、逆に早く着きすぎた。開場まで1時間、どっかで時間をつぶさないと・・・。プラプラ歩いてたらやたらにぎわってる商店街を発見。後で聞いたら日本一長い商店街らしい。

店に入るほどの時間はないので何となく端から端まで歩いてみる。大阪名物がいろいろあるのに、なぜかたい焼きにココロを奪われた。
IMG_20180905_182803


小ぶりだけど皮がさくさくで、あんこも上品でなほどよい甘さ。おいしかったです。





店員さんが「ありがとうございました」じゃなくて「おおきに」って言うのがフレンドリーで大阪って感じ。糖分も補給したし、脳ミソフル回転で講座に向かうのでした・・・おわり。







って、だだのヘタクソな食レポじゃねーか!!タイトル詐欺だよ詐欺!!









ついに明かされる!?常連組が語る必勝法のまさかの正体とは!?

次回最終章、講座編・・・お楽しみにね!!






本日は大雨と暴風が吹き荒れる中、田舎の廃れたネットカフェからお送りしています。

宣伝会議賞開幕から今日で6日目。皆さん調子はいかがでしょうか?SNS上には「すでに何百本書いた」なんて書き込みもちらほら。自分はというと、相変わらずそんな順調にスタートダッシュを方々のツイートに片っ端からいいねを押しまくる日々を送っています。おかげでコピーは増えませんが、フォロワーは少し増えました

ところでなぜ、今にも潰れそうなカビ臭いネカフェにいるかといいますと、聞くも涙語るも涙のものがたり・・・

それは応募開始の10日ほど前にさかのぼります。開幕直前だというのに度重なるコンペでの惨敗にすっかりやる気をなくしていた自分の目に飛び込んできたとあるイベント告知。

「常連組が語る『宣伝会議賞』必勝法2018」

その豪華メンバーを見て反射的に「なにこれスゲェ行きたい」とツイートしてました。

だってですよ、あの吉川さんとあの貝渕さんとあの野田さんとあの向井さんですよ、もう俺から見たら神ですよ神。握手会とかあったら絶対行くもの(いやそれはさすがにない)。ともかく現役バリバリで宣伝会議賞に挑戦し、とてつもない実績を残している、言うなれば最もグランプリに近い猛者たちがですよ、ひとりならともかく4人勢ぞろいして必勝法を語ってくれるって、そんな奇跡のコラボレーション見たことある、いやない。しかもそれがたったの1000円って・・・どうかしてるぜモノカキモノ会議!!(もちろんいい意味で)

ただね、会場が大阪なんですよ。新幹線使って行けなかないけどさすがに遠いし、何より先立つものがない・・・。しかも参加資格はこちら。


基本的にはコピーライター、ウェブライター、雑誌編集者、ローカルライターなど「書くことを仕事にしているひと」が対象ですが、クライアントワークでディレクター、プランナーなどをされている方も可


当然、コピーが趣味の素人のオッサン は含まれていません。仕方ないよね・・・。と、いったんはあきらめたもののやっぱりどうしてもどうしてもどうしても行きたくて、その日から「どうしたら参加できるのか?」を毎日考え、プランを練りました。

最初の難関は『参加資格』。運営さんに問い合わせたところ「もちろん大歓迎です」とすんなりOKを貰えました。なんて神対応なのモノカキモノ会議!!

次は『スケジュール調整』。大阪まで日帰りはさすがに厳しいので、開催日の5日と翌日6日の2連休を取る必要がある。でも仕事の休みは月末に翌月のシフトを組むため、すでに両日とも他の社員が休みを入れていてこのままでは無理。そこでここぞとばかりに営業部長という立場を最大限に利用



「休みを代われないなんてどういうこと?親を呼ぼうか?このままじゃ会社に出れなくなるわよ!!」


なんてどこかで聞いたような高圧的なことを言えるはずもなく、夜勤を交代することと大阪みやげを条件になんとか交渉成立。あとは当日仕事が増えなことを祈るのみ・・・。

そして最大の難関は『お金』。仮に新幹線を使うとなると片道15000円、それと別に宿泊費のもかかる。泊まるのはネットカフェでもいいとして問題は交通費。調べた結果、夜行バスなら片道5000円でおつりがくる。圧倒的に安い。ただし大阪までは8時間の長丁場。でももうこれしかない。さすがに帰りもは新幹線にしよう。

だだ問題がもうひとつ。夜行バス出発地までは車で1時間半。妻に送ってもらうしかない。そもそも大阪に行く許可をもらわなければ・・・。

「いいじゃない?駅まで送るし帰りも迎えに行くよ。505だか6の肉まん買ってきて」

あなたも神か!!! 109でも556でも仰せのままに・・・

これでプランは決定。4日の午後10時45分発 5日の6時半着大阪行き。5日の昼から道頓堀のネットルームを予約して宿泊先も確保。これで打ち上げ?的なものがあっても最後まで参加できる。完璧!!!何かもうこんなにワクワクドキドキするのは贈賞式に行った時以来だ。

そして迎えた今日、待ちに待ちに待ちに待った出発の日なのですが・・・。天気予報でわかっていたこととはいえ、関西方面への台風直撃。ネットを見るたびに広がる被害と交通機関の運転見合わせ。当然バスだって運休の可能性がある。朝からコールセンターに何度かけても繋がらない。夕方ようやくつながったけど、「運行状況はHPで確認してください」の音声アナウンスのみ。その後何度見てもHPには特に告知なし。「台風の速度も早いし、着くのは朝方だし問題ないんだよね、きっと・・・」と半ば自分にいいきかせつつ、家族みんなで自宅を出発。

夜行バス初体験を前にかなりドキドキ。いびきをかいて迷惑をかけるといけないので、
IMG_20180904_214906
こんなものや





IMG_20180904_214859こんなのもスタンバイ。・・・向きを直すのめんどくさい







途中ファミレスで夕食。その間も何度も確認したけど運休のお知らせはない。「これはなんとか行けそうだ」と余裕をもって1時間前に出発駅に到着。「いってらっしゃ~い」と子供たちと別れて出発ロータリーへ。雨小降りになってきた。よかった・・・と思った瞬間、メールの着信音。

「おみやけ忘れないでね!!」と子供たちから。「はいはい、わかったよ」と返事。その直後にまた着信音。今度はなに?肉まん以外にリクエストでもあんの?とメールを開いた瞬間


運休のおしらせ




運休のお知らせ





運休のお知らせ




運・・休の・・・お知・・・ら・・・せ・・・・・?





わたしの期待に胸を膨らませた日々は、台風によって無残にも打ち砕かれました。子供たちは明日学校だし、また迎えに戻らせるのも申し訳ない。何よりひとりになりたかった・・・。絶望の中なんとかネカフェにたどり着き、これをj書いています。となりのカラオケBOXから下手くそなUSAがダダ漏れです。なにがカモンベイビー静岡だよ・・・。大阪行きたかったよ・・・。

2連休だし、朝まで時間はたっぷりある。でもコピーを考える元気がすっかりなくなっちゃいました・・・。

せめて明日、ずっと見たかった『カメラを止めるな』を見て帰ります。




予約しておいた宣伝会議10月号をを無事GET!!

宣伝会議表紙














アナログ世代なのでやっぱりこれが手元にないと実感がわかないのよね。。それにしても清原果耶ちゃんが反則的にかわいすぎる。なにこの透明感。もはや同じ人類とは思えない。表紙だけでごはん3杯イケる。

さて中身はというと、何と言っても特筆すべきはセメダイン。今回は前回以上にめちゃくちゃ攻めてる。実際の通過コピーにまさかのダメ出しを連発。しかもかなり痛烈。2次通過のコピーすらバッサリと一刀両断。

しかもこれ、審査員とか審査システムにも暗にケンカを売ってるよね。審査員が選んだコピーに「こんなの求めてません」って言ってるのと同じだもの。決して安くはない協賛金を出してるんだから当然といえば当然だけど、なかなかできないでしょ。たまたまダメ出しされちゃった人はショックかもしれないけど、それだけ本気で、より実務に近い形で真剣に選んでくれているのが伝わってくる。その期待に応えるコピーが書きたいと思わせてくれるもの。なんとか喰いつきたい。

全体的に例年よりはやりやすそうな感じではある。決して簡単そうって意味じゃなくて、まったく手も足も出ない課題が少ないって意味で。グランプリの林さんのインタビューにもあったけど、やっぱり基本は本数を書かないと。量が質を生むってのは間違いないし、そもそも少数精鋭で勝負できる実力も選ぶ目もない。

かといってやみくもに数だけ書けばいいわけじゃない。下手すぎる鉄砲はいくら撃っても当たらなし、うすっぺらいコピーじゃ通用しない。その質と量のバランスの見極めが難しいのよね。ここ数年はなんとなく800本をひとつの目標にしてきた。今年は課題数も増えたし、もうちょい増やして1000本を目指してみよう。決して林さんに影響されたからじゃないんだからね・・・。

林さんといえば、前回のグランプリのコピー『現金なんて、お金の無駄づかいだ。』が実際に起用されてたけど、なんでまたよりによってラジオCMなのよ。しかもなんだか変に回りくどいし・・・。単体でも十分通用するめちゃくちゃ強くて素晴らしいコピーなのに何だかもったいない。これこそ無駄づかいじゃないの。オクーさんの『冷やす前からクールです。』は無駄がなくてスタイリッシュでいい感じ。

受賞はもちろんだけど、実際に使ってもらえるようなコピーが書きたいなぁ。とにかく考えて考えて考えて書いて書いて書きまくるしか道はない。


↑このページのトップヘ