1次審査の発表もおわり、ツイッターやブログでの結果報告がちらほら。ヒマさえあれば検索して、たぶんほぼすべてをチェックしてる自信がある。もうマニアの域を超えてストーカーレベル。今さら他の人の結果を見ても凹むだけなんだけど、やっぱり気になる。


中には没コピーを晒してくれてる人もいて、これがにすっごく勉強になる。自分じゃ絶対思いつかない視点だったり、「これで通過できないの?」っていうとんでもなくハイレベルなコピーがあったり。逆に「いやいやこれなら俺の方が上でしょ」なんて上から目線で批評したり。とにかく誰のでもいいから応募作全部見せてほしい!もっというならあーじゃないこーじゃない言いながらいっしょに飲み明かしたい!!


で、需要があるかどうかは別にして、例によって自分も応募作を晒して供養祭という名の公開処刑をしてみます。また途中で終わってしまう可能性大なので、1次通過したもの以外で自分なりの自信作があった課題や人気があっただろう課題から。「意外といいのあるじゃん」とか「このレベルでよく応募できたな」とか、とにかくコピーと宣伝会議賞の楽しさが少しでも伝われば恥をかく価値はあるはず。



ひとり供養祭 【課題 8】 エステー 米唐番・・・応募数26本


1.その保管、あかん。

2.「ブッブー、お米はかえてませ~ん。」

3.コシヒカリが、コシヤミになる前に。

4.見た目は可愛く、効き目は長く。

5.いただきますの前に、いただいちゃいました。(by )

6.「衣」の次は「食」を守ります。

7.虫のかわりに、食欲がわきます。

8.虫よけっぽくないから好き。

9.「米、かえただろ」と、夫がどや顔で聞いてくる。

10.お米のSP

11.それ、お米じゃなくて虫の食べ残しかもしれませんよ?

12.コシヒカリ、放っておいたら虫ばかり。

13.米があったら入りたい。

14.用意周唐。


15.単唐直入。


16.良薬、虫にからし。


17.ラブ&ライス


18.「虫が好かない」は、ほめ言葉。


19.嫌になるほど、よくききます。


20.あなたが食べているのは、お米ですか?それとも虫の残飯ですか?


21.お米は、稲のころからずっと虫に狙われ続けてる。

22.「稲のころからしつこく付きまとわれていました」(被害者 Kさん)


23.全米人気、NO.1


24.おいしいお米は、虫も好き。


25.炊く前から、勝負ははじまっている。


26.いい米、いい水、米唐番。




最初の課題はエステーの米当番。基本米さえあれば何もいらない無類のゴハン好きなので、せめて1本くらいは通過して欲しかった。けど、こうして改めて見ると全滅するのが当たり前の超低レベル。エステーなので多少おちゃらけた感じのもいけるかな?なんて思ってあんまり出さないタイプのも作ってみたんだけどダメでした。


一応の自信作は23。といってもこれはカブる覚悟で出した一か八かのコピー。米→全米なんて発想、100人が100人思いつく。でも「もしかしてもしかすると一発があるかな~?」なんて思ったりして。こんなのを勝負コピーにしてる時点で結果は見えてたはずなんだけど・・・まったく情けないとしかいいようがない。