この週末の金・土は怒涛の2日間でした。

まずは24日の金曜日。コピーの学校の2回目の講義。1ヶ月に1度なので待ち遠しくてしょうがない。特に今回は講義の後に親睦会という名の飲み会があるとのこと。待ってましたよ、この時を!!出欠確認のメールにも電光石火で返信。案の定一番のりだったみたい。1回目のときは他の参加者に話しかけられるような空気も勇気もなかったから、新たなコピー仲間を作る絶好のチャンス!!

けど問題は時間と移動手段。講座が終わるのが8時。電車だと9時には帰らないと終電に間に合わないから論外。次の日休みなら始発まで漫喫でもいいけど仕事だし、始発で帰って仕事に行くのはさすがにツライ。となると車で行くしかない。飲めないうえに2時間以上かかるのは厳しいけど仕方ない。静岡無駄に横長すぎる・・・。

2回目の講義は『コピーの発想法』がメイン。どういうプロセスをたどればアイデアをジャンプさせることができるかをわかりやすく説明してくれた。ひとつの課題をじっくり掘り下げることができて、本数も出せる。ひらめき頼みの行き当たりばったりですぐにネタ切れになってしまう自分にとっては、めちゃくちゃためになった。ただ宣伝会議賞みたいに課題数が多いと、ひとつひとつにこれだけの時間をかけて考えるのは難しいかもしれない。広く浅くではなく、狭く深く。今年はさらに課題を絞ってやり方をかえてみようなぁ~。

講義後はおまちかねの飲み会へ。参加者はSCCの方も含めて20人弱。乾杯のあととりあえず同じテーブルの人に名刺を渡してご挨拶。隣は50代の会社員さん。自分より年上の人が受講してると思わなかったからちょっとびっくり。写真で賞を獲ったり、仕事でドローンを飛ばしてるらしい。で、コピーにも興味があって受講してるとのこと。やっぱりいろんなことに興味を持って挑戦してる人はアクティブで若々しい。あとの2人は学生さん。ひとりは静岡会にも参加してくれたことがある。会うのは久々だったけど話しやすくて助かった。今は名古屋のコピーライター講座に通ってて、コピーライター目指して絶賛就活中とのこと。もうひとりも同じく就活中。若手イケメン枠で静岡会のメンバーとして勧誘しといた。

この勢いで他のテーブルにも突撃する機会を伺うものの、それぞれに盛り上がっててなかなかタイミングが掴めない。基本人見知りの豆腐メンタ。トークスキルもあるわけじゃないので網の上で焦げていくあやしい肉を眺めながらウーロン茶をすする。時間は刻一刻と過ぎていき気づけば店員さんから「飲み物ラストオーダーです」の声。

「いやいやこのままじゃいかん!!」と意を決して突入。いきなり女の子多めのテーブルに行くと怪しいオッサンと思われるんじゃないか・・・とかいろんなこと考えながら、とりあえず名刺を配ることにはなんとか成功。ただそこから会話が繋がらない。いつもなら「宣伝会議賞のブログやってます」って言えば、「それ見たことあります」とか何らかのリアクションがあるんだけど、「宣伝会議賞ってなに?」的な感じがほとんど。

おいおいおいおい!!宣伝会議賞!!どんだけ知名度低いのよ・・・。少なくともここにいるのは普通の人よりコピーに興味のある人達のはずですよ。それなのに宣伝会議賞を知らないとか、『52年の歴史を持つ国内最大の公募広告賞』の名が泣くよ。これじゃあ「シルバー受賞」って俺の唯一の自慢が通用しないじゃん。

とはいってもいつまでも過去の栄光にすがってられないので、まずは【しずおかコピー大賞】を受賞して、あのオッサンやるな!と思わせることにしよう。SCCにも「会場も広くて立派になったから今年こそ授賞式来てよ」ってプレッシャーもかけられちゃったし。コピーの学校に通った以上、何としても結果を出さないと。

もちろん名刺配るだけじゃなくて、いろいろとためになる話もきいてきた。どんな課題でも一定水準以上のレベルのコピーを書くためには、日頃から知識や情報のインプットが必要不可欠。プロの方も毎日必ずそういう時間を作っている。その積み重ねがクライアントの意向をいち早く理解したり、それ以上の新たな提案を生み出す力になる。特にな~んにも考えずにやってる自分は耳が痛い・・・。プロの方とこうやって接することができるのは本当にとってもありがたい。

飲み会が終わったのは12時近く。本当にめちゃくちゃ楽しかった。気分的にはこのまま朝までいたいくらいなんだけど、運転して帰らなきゃならないんだよなぁ~。また次も飲み会あるのかな?できれば全部出席したい。
次の講座が楽しみです。