1か月半ぶりの更新です。

恐しいほどの既視感を感じたので確認してみたら、去年の2月1日もまったく同じ書き出しでした。で、年末から更新できなかった理由もまったく同じなので、熱心な読者の皆様には説明不要かと。一応新年一発目なのでご挨拶だけはしておかないとね。今年もダラダラいきますが気長にお付き合いいただければ幸いです。よろしくお願いします。


さて本題。本日、第54回宣伝会議賞の1次通過者が発表されました

応募総数は40万2986点。いや~減りましたね。昨年からは約6万、全盛期?からは14万くらい減ってるのかな若者の宣伝会議賞離れはかなり深刻なようです。まあオジサンとしてはライバルが減って大歓迎ですが・・・。

そのうち、コピー部門4036点CM部門816点が1次通過。コピーは1500くらい減り、逆にCMは200ちょっと増えてる。今回はCM有利なのかも。1次通過率は1.2%とますます狭くなりました。

で、自身の1次通過本数はというと、18本(暫定)。これまた昨年とまったく同じです。

今回はしずおかコピーに重点を置いていたたため、500本しか応募できませんでした。必然的に通過数も減って「10本いけばいいほうだ」と半ばあきらめモードだっただけに、まさかまさかの大健闘単純な通過率だけなら3.6%と平均を大きく上回るどころか、自己最高をマーク。いったい何がよかったのか自分でもよくわかりませんがうれしい誤算です。ただ、あくまで応募数の割にはまずまずかな・・・ってだけで、決してもろ手を上げて喜べるような結果ではありません。からあげくんを買ったら一個多く入ってたくらいのお得感?といったところ。

通過課題は次のとおり

アマノフーズ
エステー※
キッコーマン※
牛乳石鹸
霧島酒造
クレディセゾン
サントリー※
テンピュール※
ニチバン※
日本レジストリサービス
パナソニック※
メディプラス※



あれ?今確認しながら打ち込んだら19あるじゃん。



というわけで19本に訂正。
またしてもちょっと得した気分。

ショックなのは、勝負コピーがあったキヤノンセメダインがまさかの全滅だったこと。特にセメダインは、あの男気溢れる?オリエンをうけてかなり気合を入れて取り組んで、協賛企業賞はもらった!!と本気で思ってたんだけど・・・。まさか1本も通らないなんて夢にも思わなかった。アットホーム防災(主催者特別課題)もそれなりに自信があったんだけどなぁ~。

現時点で『例のやつ』は来てないので、協賛企業賞はほぼ絶望・・・。贈賞式参加へ残された道はファイナリストへのノミネートのみ。仮に超希望的観測でそっちは連絡がまだ来ていないとして、期待できそうなのは勝負コピーのあるクレディセゾン一択。なんだけど、そもそもそれが残っているかどうかもあやしいしなぁ。テンピュールも悪くないし、もうこの際なんでもいいや。

とにかく1本でも通過していれば可能性はゼロではないわけで、もしかしたらもしかするかもしれない。すっかり静岡タラレバおじさんと化してるけど、最終的に結果が出てとどめを刺されるまでは、諦めないで楽しんだ方がお得よね。ニンテンドースイッチとゼルダの伝説を予約しちゃったから、何としても賞金GETしないとならないし、コピーの神様、どうかどうかお力をお貸しください。