寒さが厳しくなるにつれ仕事が増えていくのはいつものことなんだけど、今年はいつも以上に多い、多すぎる・・・。


宣伝会議賞が終わってようやくのんびりマリオでもやるかな~なんて思ってたのに、そんな時間どこにもない。しずおかコピーことも書かなくちゃと思ってるうちに、ファイナリストが発表されちゃいました。



第8回SCCしずおかコピー大賞 ファイナリスト発表



とりあえず今年も『課題6:「広告出すといいことあるね」を伝えるコピー』で1本だけファイナリストに残ることができました。


「よく残れたなぁ」ってのが率直な感想。本当にギリギリかろうじて首の皮1枚でって感じ。運がよかったとしか言いようがない。


前回は自信あるコピーが2本通過して受賞までできたから、何となく何かをつかんだ気になってた。でも今回1番自信があったのは、あっけなくボツ。まったく期待していなかったいわゆる「置きにいった」コピーが残ってしまった。あいかわらず見る目がない。こうなるとブログ更新できなくてよかったのかも。また自己満コピーを自信満々に語って黒歴史を増やすところだった。


確かに納得感はあるけど、とにかく致命的に面白くない。他のファイナリスト作品と比べたら一目瞭然。理屈っぽくて硬くてまったくセンスを感じない。もっとこう感覚的というか本能的というか心からの叫びみたいな、そういうコピーが書きたいんだけど・・・。


というか、他にそういうコピーを書いたつもりだったのにまったく残らないってことは、つまりはそういうことで、そういうコピーを書くのは根本的に向いてないらしい。普段はテキトー過ぎるくらいテキトーなのに、コピーだけは変に考えすぎるっていうか、型にハマりすぎてるっていうか・・・。もうどうすればいいのかわかんない。


まあ何だかんだいってもファイナリストに選ばれたってことは、とっても栄誉なこと。今回も静岡会のメンバーが自分以外に4人も残ってる。しかもそのほとんどが複数通過。かろうじて主催者としてのメンツは保てたけど、もう少し空気を読んで手加減してくれないと・・・流行りの忖度ってやつですよ。使い方あってる?


今年はコンペで何の結果も出せなくって、これが最後のチャンス。でもノミネート作を見る限り受賞はなさそう・・・というかない。でも授賞式とその後の飲み会だけを楽しみに仕事してたから、死ぬほど忙しくても何とか生きていけそう。


今年もメンバーから受賞者がでますように。で、授賞式と静岡会が盛り上がりますように。コピーが好きな人たちとコピーの話をできるのが楽しみで仕方ない。