宣伝会議賞のすすめ

国内最大の公募広告賞「宣伝会議賞」を通じて、キャッチコピーの魅力を少しでも多くの人に伝えたいと願う素人メタボ親父のブログ。 目標はグランプリと100万円!!そして『日本一コピーのうまい葬儀屋』を目指します。

カテゴリ: ラジオCMコンペ


第57回宣伝会議賞のグランプリも決定し、SNS上ではまだその余韻が残るなか、空気を読まずにまったく関係ない記事を書きます。


そりゃね、言いたいことは山ほどありますよ。「結果発表は生配信じゃないのかよ?」とか「それならあそこまで引っ張る意味あったの?」とか「だったら平日の13時公開じゃなくてもよくない?」とか「あまりにもあっさり読みあげすぎじゃない?」とか「審査員が登場して発表するんじゃないの?」とか「受賞者のコメントとかあってもよかったんじゃない?」とか「協賛企業賞とか中高生部門は紹介してあげないの?」とか「あとから総評がひっそりアップされてたけどなんなん?」などなどなどなどなどなど・・・。事務局に文句言うオジサンモードに突入すると、全10回でもおさまらない長編になって第58回までに終わりそうにないのでやめときます。


どうしてもリアルタイムで発表を見たくて、架空のお客さんとの打ち合わせをでっちあげて仕事を抜け出した時のドキドキとワクワクを返してほしい。不測の事態で各方面との調整や対応に追われ、とてつもなく大変だったのは想像できます。それでもどの作品が受賞してもおかしくないほどハイレベルだっただけに、何とかもう少し盛り上げることができたんじゃ?と思わずにはいられません。素人考えでしかないのかもしれませんが・・・。

後日パーティーが開催されるとのこと。まだまだ先が見えず予断を許さない状況で難しいのは百も承知ですが、ぜひ盛大にド派手に祝福していただいて、受賞者やファイナリストの皆さんが心から楽しめるものになることを願います。受賞者の皆さん本当におめでとうございます!!


あとこれだけは言いたい・・・







たまに眼鏡が1番可愛い





全コピーのなかで1番好き。





さてようやく本題に入ります。


SBC信越放送の『第8回 SBCラジオCMグランプリ コピーライターコンクール』通称コピコンに応募しました。




グランプリ賞金20万円。総監督は中山佐知子さん、審査委員長は澤本嘉光さん。受賞作は国内最大のCMコンテスト『ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS』へ出品される可能性もあるため、人気も競争率も高いコンペです。

誰にも言ってないので知らないと思いますが、今年の抱負のひとつに「ラジオCMコンペで結果を出す」というのがあります。ちなみにあと4つくらい抱負があるのですが、誰も興味なさそうなので内緒にしときます。


公募を始めた当初はラジオCMコンペにも挑戦していて、何度か受賞したこともあります。でもある時、勝手にコピーの師匠として尊敬していた方に「コピーが上手くなりたいならコピーだけ集中した方がいい」とのアドバイスをうけ、ここ数年ラジオCMへの挑戦を封印してました。実際その効果か、コピーでいくつか結果を出せました。


「やっぱりラジオCMもちゃんとやらなきゃ」と強く思ったのは昨年の10月。SBSのラジオCMコンテストの授賞式の日。コピー仲間の何人かが授賞式に参加するため静岡にくるという噂を耳にして、祝勝会をすることに。もちろんおめでたいしメチャクチャ楽しかったのですが、受賞してない自分の場違い感が半端ない・・・。授賞式の話題で盛り上がってるのがうらやましいったらありゃしない。


でも、応募すらしてない自分には本気で悔しがる資格すらない。みんなラジオCMはもちろんコピーでもちゃんと結果を出してる。自分はどこかで「別に応募してないからそんなに悔しくないもん」と予防線をはって、本気でやってダメだったらショックが大きいからと逃げてただけかもしれないなぁと。


な~んて、いかにもいろんな葛藤の末勇気を振りしぼって挑戦することにしましたって、ちょっと共感してもらっていい感じにするつもりでしたが、実際の理由はただひとつ・・・






金だよ、金。挑戦するなら金をくれ!!!!!










そもそも小遣いかせぎにはじめた公募挑戦。賞金もらえてコンスタントに開催されるコピーコンペなんて、宣伝会議賞とピンクリボンくらい。そのどちらもハードル激高すぎてとても受賞できるとは思えない。そこでまだ比較的可能性のありそうなラジオCMに・・・と不純な動機、というよりむしろ純粋すぎる動機100%。宣伝会議賞でGETする予定だった100万円、どっかで補填しないと死活問題なのです!!


というわけで今年は数年ぶりにラジオCMをやってみることに。といっても毎回だいたい口だけ番長。文化もやるやる言いながら1本しか出さず、今年2月のK-mixも〆切直前に適当に5本出しただけ。連絡こないし当然ダメ。このままじゃいつもの二の舞三の舞。で、それをいかにも冗談ぽくつぶやいたら、オクーさんから「ちゃんと1日のノルマを設定して、毎日やるしかない」と、これ以上ない超ド正論のアドバイスが。


今回の課題数は20。各課題の5本出すとして100。でもどう考えてもそんなに出せる気がしない。そこで1日最低2本出すことをノルマに設定。応募期間30日で計60本が目標。ちょっと少ないかな?と思ったけど無理しても続かないし、今回は受賞よりラジオCM勘?を取り戻すことを重視。ただ自他ともに認める生粋の三日ボーザー。さらにプレッシャーをかけるべく毎日進捗状況をツイートすることに。結果的にはこれがよかった。


まずは過去のラジオCMの受賞作を片っ端から見まくるところから。ご存じラジオCM界の帝王S田さんのポートフォリオ、そして宣伝会議賞の申し子ヒヒ馬さんのブログを読み漁った。今さらだけど、どちらもまあ凄い・・・凄いとしか言いようがない。S田さんのシナリオ力と構成力。ヒヒ馬さんのわかりやすさと説得力。たった20秒でどうしてこんなことができるのか。それ以外にも常連の猛者たちがどのコンペでも結果を出しまくってる。完全に独占禁止法違反ですよ。参考になるどころかレベルの違いに圧倒されて、ため息しか出ない・・・。


とにかくベタでもなんでもいいので思いつくままスマホのメモに入力。受賞作と企業のホームページを見ながら、キーワードやアピールポイントを探す。1日2本なら楽勝だろと思ってたけど、とんでもない勘違い。とにかく全然できなくて悪戦苦闘の日々。「どの課題をやるか」までは縛りをしてなかったから、うどん(麺天)やメガネ(ノセメガネ)や文具(事務キチ)など、やりやすいところしかできない。でも課題まで縛ってたら、たぶんノルマは守れなかった。


どうしてもいろいろ説明したくなって無駄に長くなる。そこで文字数がカウントできるアプリを探して、MAX120文字で収まるように調整。読み上げ機能もついていたので秒数を計ったり、自分では脳内補完しちゃう脱字や誤字を発見できて格段に効率があがった。NAをナトリウムって読んじゃうのが欠点だけどw


他のコンペにはない「必須ワード」にもかなり苦戦させられた。「信州プレミアム牛肉」とか「アイデア実現」とか「未来農業への貢献」とか、最後のナレーションに無理やりねじ込むしかないじゃん。あまりにも使い勝手が悪すぎる。一字一句そのまま忠実に使ったけど、意味がそのままなら多少改変してもよかったのかな?


今までは多くても5本くらいだったから、応募フォームへの入力時間まで計算してなかった。いざ入力したら、スマホの環境依存文字のせいでことごとくエラー。しかもどの文字が原因かわからない。試行錯誤の結果、「…」(三点リーダ)と「~」(波)と「:」(半角コロン)が原因だと判明。とくに「:」(半角コロン)は全部の案に必ず複数使われてるから、修正にめちゃくちゃ時間かかった。次回ははじめからちゃんと対策しとかないと。


進捗ツイートはかなり効果あり。23:30までにあと1本何とかしないと!!ってプレッシャーと進捗ツイートにいいねをくれる皆さんが、明日多めに作ればいいやとサボりそうな自分の尻をひっぱたいてくれました。信じてもらえるかどうかはわかりませんが、虚偽報告とかは一切なしです。これじゃ証拠にならないけど、ちゃんと作って応募しました。

Screenshot_20200318-222344
Screenshot_20200318-222400

最終的な応募数は69本。全課題への応募はできなかった。だってビジネス専門学校なのに必須ワードが卒業式とか、意味がわからん。体調不良の初日と後半何日かはノルマ達成できなかったけど、トータル60本という目標は何とか達成できたので結果オーライってことにしときます。


質はともかく自分史上過去最多の応募数。常連さんは1課題でこれ以上の数を当たり前のように応募してるから大したことないかもしれないけど、自分なりに全力で頑張りました。たとえ受賞できなくても、この経験は決して無駄にはならないので悔いはありません。












なんて言うと思ったら大間違いじゃ!!!!










どんなに努力しようと全力を尽くそうと、コンペは結果がすべて。
受賞して賞金を獲らなきゃ意味がない。しかも狙うのはもちろんてっぺん、グランプリと20万!!!それがダメなら10歩譲って準グラ10万でもいいし、50歩譲って入選1万でもいいし、100歩譲って協賛社賞ギフトカードでもいいけど、とにかく結果がほしい!!!


「開運堂」・「事務キチ」・「ノセメガネ」・「麺天」あたりは、本気で受賞を狙えると思ってます。「清水住建」「しろくまペイント」にもお気に入りがあって、ハマればワンチャンあるかも。言うだけならタダ。もしなんかの間違いで奇跡的に受賞したら有言実行になるし、ダメでもネタになるから一石二鳥。


この記事の長さをみれば、どれだけ自信満々か一目瞭然でしょう。「宣伝会議賞で自信のあるコピーだけは企画意図をめちゃくちゃ丁寧に書く」あるあると同じです。そして結局1次すら通過しないお約束のパターン・・・


すでに次のコンペ、『第9回 Date fm CMコピーコンテスト』もはじまってます。



応募期間が約2か月あるのとまだ課題が2つしか発表されてないので、もう少し様子をみてからまた挑戦しようかと思ってます。もちろん進捗ツイートつきで。今年こそSBSと文化もちゃんと応募して、祝勝会するんだ!!

















昨日、文化放送【第9回 100万円争奪!ラジオCMコンテスト】の応募を終えました。

締め切りは10月31日なのでまだまだ時間はあるけど、メインはあくまで宣伝会議賞。なのでラジオCMはここまで。久々に作ったけどやっぱり難しかった。

最終的には、行田自動車教習所 7本シーアイシー 3本ニップン 1本計11本を応募。応募総数は2万を超えるし、ひとりで何十本何百本と送る強者もいる。ファイナリストに毎回のように名を連ねる常連さんも多い。その中でどこまで勝負できるかはわからないけど、アイデアさえよければたとえ1本しか出さなくても可能性はある・・・と信じたい。

本命はもちろん神が降りてきたとまで豪語した行田自動車教習所の1本。そこから派生?していくつか作ったけど、結局それを超えるものはできなかった。冷静になってみると、「少し地味かな?」とか「ちゃんと伝わるかな?」とか当初の自信がちょっぴり揺らいできたけど、それでもいいセンいってるんじゃないかと思う。女性が免許を取りに行きたくなるようなCMってのにもちゃんと応えてるし(当たり前か)、ドライブ中に流れたら絶対絶対面白いはず・・・と何度も自分に言い聞かせてる。

これだけ大口叩いといて、ファイナリストにも残れなかったら黒歴史どころの騒ぎじゃない。けどやるからにはてっぺん目指さないとね。文化で100万、しずおかコピーで5万、宣伝会議賞で100万の計205万か・・・。とりあえずキングダムとコピー年鑑まとめ買いするのは確定として、あとはこれからゆっくり考えよう。夢ふくらみまくりですわ。



・・・さてと、バカなこと言ってないでコピー考えますか。




8月も半分すぎて、いよいよ宣伝会議賞としずおかコピー大賞が迫ってまいりました。

なんかもうね、早く来てほしいようなほしくないような、不安と期待が入り混じって悶々としてます。そういえば今年もチャレンジブログ企画があって、参加者を募集してましたね。試しに応募してみようかな?なんて一瞬考えたけど、去年の宣伝会議賞解析班さん以上に面白くてためになるのはどうやっても書けそうにないので断念。応募したところで採用されないだろうけど。

で、FBを見てたら毎年恒例の文化放送のラジオCMコンペが始まったとの情報が。


文化放送 【第9回 100万円争奪!ラジオCMコンテスト】


以前はコピーはもちろん、ラジオCMも挑戦してて、運よく受賞したことも。でもあるとき、心の師と仰ぐ方から「コピーとラジオは似ているようで実は違う。本当に上達したいならコピーだけに絞った方がいい」とのアドバイスをいただいた。それ以来ラジオコンペは課題と受賞作をのぞくくらいで、一切参戦してませんでした。決して「コピーの方が簡単で誰にでもできる」ってことではないので誤解しないでくださいね。

で、応募する気はないけどヒマだったのでなんとな~く今年の課題をのぞいてみた。


そしたらいきなり降りてきちゃいましたよ、神が!!!


マジでこれはイケるんじゃないのってCM案を一瞬でひらめいた!!まあさすがにグランプリとはいかないまでも、間違いなくに最終ノミネートには残る!!!って確信するほどのやつ。ていうか児島令子賞あたり、いただいちゃうかもしれない。ラジオCMを考えるのは2年ぶりくらいだから、なんていうかこうビギナーズラック的な力が働いちゃったんじゃないかと。

最終ノミネートに残ると招待状がきて特番の公開録音に参加できる。いや~これは今から受賞コメントと賞金の使い道を考えとかないと!!年末に100万はデカいよなぁ~。で、来年4月にもう100万入る予定なわけでしょ。とりあえず贈賞式に備えてライザップに行こうかな~。

ちなみに課題は『行田自動車教習所』です。これ、ちゃんと覚えといてくださいね。「あ~また始まったよ」って思ってる人、今度こそガチです。これぞ予告ホームランってやつをお見せしますよ。

ちなみにこれ以上のは出来そうにないので、ついでに作ったニップンと合わせて全部で4本応募して打ち止めにします。えっ?「たった4本なんて舐めてる」って?まあまあ、文句は結果が出てからうかがいましょう。そうそう、ニップンももしかしたらもしかするかもしれないですよ。



※宣伝会議賞が間近に迫り、プレッシャーのあまり正常な精神状態ではないことをお察しください・・・



↑このページのトップヘ