宣伝会議賞のすすめ

国内最大の公募広告賞「宣伝会議賞」を通じて、キャッチコピーの魅力を少しでも多くの人に伝えたいと願う素人のブログ。 目標はグランプリと100万円!!そして『日本一コピーのうまい葬儀屋』を目指します。

カテゴリ: 第54回宣伝会議賞



先日公式ページにて、第54回宣伝会議賞 ファイナリスト23作品が発表されました。いよいよ明日の贈賞式で40万2986点の頂点が決まります。

今年も例によってグランプリ&各賞の予想をしてみたいと思います。本当はファイナリスト発表後すぐにやるつもりだったのですが、ゼルダの伝説があまりにも面白くて面白くて・・・。すっかり遅くなってしまいました。

まず誰もが思ったでしょうが、CMが多い!!まさか半分以上がCM作品とは・・・。もしかしたら2年連続でCMがグランプリを獲る可能性もあるかも?次回はCMもチャレンジしてみようかな。

全体的にはインパクトよりも機能性を重視して選んでいるのかなぁって印象。よく言えば実用的、悪く言えば小さくまとまりすぎてる。こんなこと言うと負け惜しみにしか聞こえないだろうけど、突き刺さるような衝撃を与えてくれる作品が年々減ってきてる気がする。じゃあお前が書けよって言われてもムリなんだけど・・・・。

実際の広告と同じで、パッと見でどれだけ印象・記憶に残ったかその商品やサービスを使いたくなったかを重視して各賞を予想しました。3次通過者と照らし合わせると誰の作品かがわかるものもあるけど、今回も知り合い補正なしの独断と偏見で。



【グランプリ】


うちの旦那はまだ食べたことがないと思っています。(52歳 主婦)



アサヒグループ食品 / フリーズドライ食品を一度買ってみたくなるようなコピー


こういうのは普通グランプリを最後に発表するのが定石なんだろうけど、もったいぶらずにいきなり出しちゃいました。個人的にはこれがダントツ!!見た瞬間に「やられた」と思いました。「インスタントなのにおいしい」ってど真ん中の切り口を、視点を変えることで切れ味の鋭い変化球にしてる。真似できそうで真似できない。いつもはあんまり好きじゃないんだけど、(52歳 主婦)の設定も効いてる。まさか本当に52歳主婦じゃないよね!?実はこっそり手抜きをしてる=誰でも簡単に作れることがアピールできてるし、ギリギリ嘘っぽくなくて実際にありそうな絶妙なライン。ユーモアを交えながら、商品特性をしっかり訴求できていて文句なしのグランプリではないかと。



【コピーゴールド】


子どもが苦手なものは一度揚げてみる。

日清オイリオグループ / 日清オイリオの食用油を使って、揚げ物をつくって、おいしく食べて、元気になる!そんなキャッチフレーズ。


ニチバンの わが家の管理体制は、お店なら不祥事だ。 とどちらにしようかかなり迷ったより大きな視点で書かれていること、自分も同じ狙いで考えたけどこれほどストレートに表現できなかったので、こちらに軍配。実際うちの子供たちもフライにすると食べられるようになるものがあるから共感できる。子供の好き嫌いを少しでもなくしたいと願う母親の優しさも感じられて、商品のイメージアップにつながっている。



【CMゴールド】



「鮮度実感」篇(ラジオCM)

男「きれいな顔してるだろ、死んでるんだぜ。」
女「ウソでしょ...。」
NA「生きてるみたいに鮮度がいい。福島工業の冷蔵庫。」

 

元ネタ(タッチ)を知らない人にはそこまでインパクトはないかもしれない。けど、CMの中では素直に一番面白いと思った。生鮮食品を扱う冷蔵庫に、ある意味マイナスイメージの「死んでるんだぜ」ってのワードを持ってこれるセンスと勇気に脱帽。短くてシンプル、それでいて印象に残る。うまいなぁ~。



【眞木準賞】



おれホイホイ。

Yogibo Japan / 日本の皆さんがYogiboに座りたい、欲しいと思うアイデア


これは解説いらないでしょ。見るからにこれしかないもん。確かに上手いし、書けって言われても絶対書けないけど、なんでだろう・・・そこまで印象に残らないんだよなぁ



【シルバー】 7点


仕事から帰ってすぐに料理の仕度なんて、
残業みたいなものです。


アサヒグループ食品 / フリーズドライ食品を一度買ってみたくなるようなコピー



見えないものは、かくせない。

エステー / シャルダンの魅力を表現するコピー



「きょうだい」篇(ラジオCM)

エステー / シャルダンの魅力を表現するコピー



「100周年」篇(テレビCM)

霧島酒造 / 100周年を迎え、新たなスタートに立った霧島酒造を表すコピー




「コンビニにて」篇(ラジオCM)

クレディセゾン / 生活をするうえでの支払いを100%カード払いにしたくなる!しなくては!と思わせるような広告アイデア



「宅飲み」篇(テレビCM)

テンピュール・シーリー・ジャパン / テンピュールのマットレスで寝ないと、人生損をすると思わせるアイデア


わが家の管理体制は、お店なら不祥事だ。

ニチバン / もっとたくさんの人が「ワザアリテープ」を使いたくなるような広告アイデア


この辺はもう甲乙つけがたいというか、好みの問題よね。個人的にはコピー派?(ただCMが作れないだけ)だからコピーにもっと頑張って欲しかったんだけど、今回はCMの方が全体的にクオリティが高かったと思う。


さて、今回も偉そうに批評して予想して見ましたが、今まで当たったことないのよね・・・。選ばれてしまった皆さん、ゴメンなさい。そして選ばれなかった皆さん期待してもいいかもしれませんよ。いずれにしてもここまで残るということは本当に本当に本当に凄いことであって、仮に受賞を逃したとしても素晴らしい作品であることに変わりはありません。なんて所詮ひとごとなんで適当に言ってますが、やっぱり結果がすべてだし、今回どこで贈賞式やるのか知りませんけど、わざわざ出向く以上手ぶらでノコノコ帰れませんよね。

贈賞式に行く気マンマンだったので、明日は休み。本当は誰かと飲みたい気分なのですが相手もいないので仕方ない、ゼルダの伝説の合間にネット中継で皆さんの雄姿を嫉妬と羨望のまなざしで歯ぎしりしながら見ることにします。いいな~贈賞式。本当に心の底からうらやましい!!今ごろそわそわしてるんだろうな~。

もしブログを見てくださっている方がいたら、悪口でも何でもいいので話題にしていただけるとうれしいです。最終的な結果が出たら、またボロクソ言わせていただきますけど、負け犬の遠吠えですので大目に見てください。

贈賞式、楽しんできてくださいね。来年は必ずそこに行きます!!!



3月1日、第54回宣伝会議賞 2次・3次通過者&協賛企業賞 が発表されました。

4日ほど前からインフルで寝込んでいましたが、完全装備でなんとか本屋まで往復。贈賞式に行けない以上、せめて少しでも多く2次以上に・・・と願いを込めましたが、結果は2次通過1本のみ前回を下回る大惨敗です

1次通過は19本と、本数こそ平凡ながら平均を大きく上回る自己最高の通過率。これはもしかするともしかするかも?なんて淡い期待を抱いていましたが何の音沙汰もなく贈賞式の夢は消え、さらに追い打ちをかけるように根拠のない自信をこなごなに砕かれました

昨年ピンクリボンでまさかのグランプリを受賞し、年末のしずおかコピー大賞でも初受賞。まちがいなく、勢いと運だけはかつてないほど持っていたはず。でも、ただそれだけ。それに胡坐をかいてがむしゃらさや必死さが圧倒的に足りていませんでした。「今回はしずおかコピーメインだから・・・」と再三口にしていたのは、あらかじめこうなったときの言い訳を用意していただけでした・・・。

本気で取り組んでない者には本気で悔しがる資格なんてないはずなのに、それでもやっぱり悔しくて昨日は眠れませんでした。協賛企業賞受賞者には知ってる人が何人かいて、3次通過を見る限りファイナリストにもいるはず。うれしい反面、そこに自分の名前がないことに、どんどん広がっていく力の差に絶望するばかり。もう2度と贈賞式に行ける気がしない・・・

でも、どうしても諦められない自分がいる。いつも言い訳ばっかりで毎回毎回「次こそ本気出す」って繰り返してはこうして反省してばかりだけど、まだまだこんなもんじゃないって思ってる自分がいる。たぶん他のことならとっくに投げ出してる。ヘタクソでも結果が出なくてもやっぱりコピーが好きだって気持ちは変わらないし、やっぱり誰よりもいいコピーが書きたい。グランプリ獲りたい!!だから獲るまでやめないしあきらめない。 変なテンションで支離滅裂だけど、とにかく目一杯悔しがってめちゃくちゃうらやましがって、それを少しでも次回への力に代えられるようにするしかない。


話はかわるけど、明日はニンテンドースイッチの発売日。そしてゼルダの伝説最新作の発売日。当然予約済み。本当は何らかの賞を受賞して賞金でGETするつもりだったけど、しかたない。何が言いたいかというと冒険の旅に出るとブログが放置になるってこと。まあいままでもほぼほぼ放置だったけど・・・。

で、長くなるけどこのまま協賛企業賞受賞作の感想を。さっきも言ったように知り合いも何人かいるけど、知り合い補正なしの独断と偏見で。あくまで個人の感想なので異論は認めん!!



【アットホーム】 滝本 時生さん


わがままだと思っていたことを、こだわりだと言ってくれた。


ネットの普及で昔とはだいぶイメージ変わったけど、不動産屋さんってやっぱり気軽に入りにくいし、とっつきにくい。ましてや利用する人は大学進学ではじめて上京する人や専門的知識もなくて右も左もわからない人が多いはず。そんな中で、不動産屋さんの方からこういう風に言ってもらえると、利用者としてはとっても安心できるし、自分の希望や意見も言いやすい雰囲気になる。わがまま⇒こだわりへの視点の変換、言い換えに発見があって素晴らしい。



【牛乳石鹸】 長谷川 慧さん


いい匂いがするから、もう少しギュッとしててもいい?


書けない
。オジサンにはどう転んでも書けない。仮に妄想全開で万が一書けたとしてもたぶん出せない。てか出さない。出す勇気がないし選ばれるイメージもできない。とにかく自分には絶対に真似できない。もちろんいい意味で。



【セメダイン】 春山 豊さん

セメダインがあるから、書ける設計図がある。

見た瞬間に「これが言いたかったのよ!!」と声が出た。難しい言葉を使わずに誰にでもわかりやすく、それでいてセメダインでなくちゃできないことがあることを見事に表現してる。しかもこれからの未来を予感させるし夢がある。これぞ協賛企業賞のお手本



【テンピュール】 三上 智広さん

寝ている間くらい、休みなよ。

ひとことでさらりと矛盾をついたコピー。切れ味がある。世の中の多くの人が寝ても寝ても疲れがとれないって感じていて、その人たちに「もしかしたらマットレスのせい?」と思わせる力がある。そして優しさもある。



【ニチバン】 山本(飯田) 朝子さん


お母さんの字は、冷たいけど温かい。


商品の機能が限定されるから、「ちょっと軸をずらさないとかぶるよなぁ~、となるとこの方向性だよなぁ」と自分が思い描いてたコピーを、これ以上ないくらい見事にやられた感じ。少しベタだけどすぐに絵が浮かぶし、あったかいイメージが商品にもふさわしい。



【日本レジストリサービス】 密山 直也さん


日本でいちばんのブランドは、日本です。


以前贈賞式でお会いした時から、勝手にライバルとして目標にしてきた密山さん。わかりやすく何気ない言葉の中に、ハッとさせるような発見や気づきをサラッと織り込んだコピーを書く名人。何度も出題されて「もう切り口いないじゃん」と誰もが苦戦したであろう課題に、あっさりとこれ以上ないくらいのド直球を投げつけてきた。シンプルだけど誰もが納得せざるをえない説得力。贈賞式で会う約束はいつになったら果たせるだろう・・・



【FIXER】 天沢 もときさん


世界のスピードには、残業じゃ追いつけない。


なぜか締め切りを過ぎてもコピーを書き続ける謎の天然キャラの天沢さん。そのモチベーションはどこからくるのか教えてほしい。で、ちゃんと結果も出してる凄い人。漠然とした難しいテーマに『日本=残業』ってキーワードを見つけて、それがいかに時代遅れかをズバッと表現してる世相も反映した社会派コピー。こんなコピーまで書けちゃうなんて、ただの天然キャラではない。



【マスメディアン】 田口 恵子さん


この子のために生きること、は この子のために諦めること、ではない。


今回の協賛企業賞の中で、個人的ナンバーワン
。いやぁ~刺さる刺さる、刺さりまくり。ママじゃなくてもハッとした人は多いはず。働いている母親は少なからず子供との時間を犠牲にしていることに罪悪感がある。でも仕方のない部分もあるし、それはきっと間違いじゃないって誰かに認めてほしい。そのうえで自分の時間だって大切にしたいと思うのは当たり前。子供を言い訳にしなくて済むような労働環境を作るのはまだまだ難しいのが現実だけど、それでも前向きに生きたい母親を後押しする、ちょっぴり厳しいけど優しさもある力強いコピーだと思う。このコピーを見て「あきらめずにやってみよう」と励まされる人はきっとたくさんいる。


この他にも気になる作品はたくさんある。てか、受賞作全部凄いよ、凄い。悔しいけど自分のコピーは遠く及ばなかった・・・。でもファイナリスト作品にはこれらを圧倒的に凌駕する、それこそ次元が違う度肝をぬくようなハイレベルのコピーを期待したい。もう楽しみはそれぐらいしか残ってないから・・・。あ、ゼルダがあるか。


受賞者の皆さん、おめでとうございます!!贈賞式楽しんできてください。


当日は歯ぎしりしながらネット中継を眺めます。ちくしょー





ふだん50そこそこしかないPVが、昨日おとといは一気に800近くまで跳ね上がってた。他の人がどれくらい通過したかってやっぱり気になるのね。アクセス数が増えると、せっかくだから更新しなきゃ!!と謎の使命感も出てきたりして、今回もどこまで続くかわからないけど、恒例のひとり供養祭を始めてみます


今回はあまり時間をさけなかったので、いつもより課題を絞って応募。適当に思いつきで2~3本送ったのは除いて、その数17課題。そのうち12課題は運よく1次通過できたので、全滅したのは5つ。思ったより高打率?で自分がいちばん驚いてる。5つだけなら今回こそ3月までに発表できそう・・・といいつついつも間に合わないので期待はしないでくださいな。

一発目は、協賛企業賞確実と豪語したセメダインからいってみますかね。正直、1本も通らないなんて未だになにかの手違いじゃないかと思ってるんですけど、皆さんの率直な意見が聞きたい。



【課題12】 セメダイン

セメダインを、高技術な産業資材を提供するBtoB企業として認知させる広告アイデア



応募数35本 1次通過自信度(応募当初)・・・★★★★★(5点満点中5点)



1.動かないようにすることで、未来を動かした。

 

2.すべてのものは、固定できると仮定する。

 

3.ネジやボルトではできないことがある。

 

4.接着力で、不可能を可能に。

 

5.接着力で未来をつくる。

 

6.技術の進歩に密着しています。

 

7.この世界では、わずか1/1000㎎の差で革命が起きる。

 

8.セメダインがなければ、飛ばなかったロケットがある。

 

9.ホームセンターで簡単に買えるのが悪い。

 

10.次は宇宙に攻めダイン。

 

11.誰もが知ってるセメダインは、誰も知らないところをくっつけている。

 

12.四次元ポケットに入っていてもおかしくない。

 

13.UFOの修理にも使えそう。

 

14.地球だけでは物足りなくて、宇宙に進出しています。

 

15.日本一過小評価されてる接着剤。

 

16.工作なんて朝飯前どころか、25年前だ。

 

17.用務員さんに間違えられる校長先生みたいな感じ。

 

18.能はあるけど、爪はかくしていません。

 

19.最先端の切り札。

 

20.あなたの中のセメダインのイメージは、25年前のものです。

 

21.最先端技術と最先端技術をつなぐ、最先端技術。

 

22.あなたの想像を超えて、創造しています。

 

23.工作用は、ある意味風評被害です。

 

24.なめんなよ。

 

25.より強く、より軽く。

 

26.工作用じゃない、工業用だ。

 

27.そのネジより軽く、あのボルトより強い。

 

28.そのアイデアを、接着力で実現させる。

 

29.接着力は生産力につながる。

 

30.接着力で解決する。

 

31.この世に、くっつけられないものはない。

 

32.あらゆる素材に、プラスの力をプラスする。

 

33.いいことを思い、つけた。

 

34.力と力をあわせる力。

 

35.未来はいつだって、プラスの力でつくられる。




応募者どころか審査員批判とまでとられかねないようなオリエンで株をあげた?セメダイン。その熱い想いに応えるべく、とにかくB to Bを意識したつもり。でも、こうして改めて見直すと全体的に既視感があるのは否めない・・・。

ちなみに、協賛企業賞獲る気マンマンだった勝負コピーは



27.そのネジより軽く、あのボルトより強い。



セメダインの原点にもどって他のものには真似できない接着力やそのメリットを力強くアピール・・・したつもりだったんだけどなぁ~。ダメですか、そうですか。おっかしいなぁ~。

サントリーなんて最後の最後に本当に適当に考えて、16本しか出してないのに複数通過してるし、霧島酒造だって、とりあえず100年って入れときゃいいやって感じでチャチャっと出したのに通過してる。それに対してセメダインは結構気合入れたんだけどね・・・。自信作が通過しないのは宣伝会議賞あるあるの最たるものだけど、やっぱりショックだわ。




ところで、前回の協賛企業賞受賞者さんブログにとても気になる一文が・・・


2月4日夜見知らぬ番号から携帯に着信がありました。仕事中だったため出ることができず、留守電を聞くと「宣伝会議の◯◯です。またご連絡します。」という内容。


こ、これは・・前回の協賛企業賞の連絡が2月4日の夜にあったという動かぬ証拠!!!


以前は、1月中には連絡済ってのが定説だったのに。これはもしかするとまだ望みを捨てるのは早いかも!?と思ったら、




今日がその2月4日でした





・・・電話なんて朝から一度もなってないよ!!!ちくしょー






1か月半ぶりの更新です。

恐しいほどの既視感を感じたので確認してみたら、去年の2月1日もまったく同じ書き出しでした。で、年末から更新できなかった理由もまったく同じなので、熱心な読者の皆様には説明不要かと。一応新年一発目なのでご挨拶だけはしておかないとね。今年もダラダラいきますが気長にお付き合いいただければ幸いです。よろしくお願いします。


さて本題。本日、第54回宣伝会議賞の1次通過者が発表されました

応募総数は40万2986点。いや~減りましたね。昨年からは約6万、全盛期?からは14万くらい減ってるのかな若者の宣伝会議賞離れはかなり深刻なようです。まあオジサンとしてはライバルが減って大歓迎ですが・・・。

そのうち、コピー部門4036点CM部門816点が1次通過。コピーは1500くらい減り、逆にCMは200ちょっと増えてる。今回はCM有利なのかも。1次通過率は1.2%とますます狭くなりました。

で、自身の1次通過本数はというと、18本(暫定)。これまた昨年とまったく同じです。

今回はしずおかコピーに重点を置いていたたため、500本しか応募できませんでした。必然的に通過数も減って「10本いけばいいほうだ」と半ばあきらめモードだっただけに、まさかまさかの大健闘単純な通過率だけなら3.6%と平均を大きく上回るどころか、自己最高をマーク。いったい何がよかったのか自分でもよくわかりませんがうれしい誤算です。ただ、あくまで応募数の割にはまずまずかな・・・ってだけで、決してもろ手を上げて喜べるような結果ではありません。からあげくんを買ったら一個多く入ってたくらいのお得感?といったところ。

通過課題は次のとおり

アマノフーズ
エステー※
キッコーマン※
牛乳石鹸
霧島酒造
クレディセゾン
サントリー※
テンピュール※
ニチバン※
日本レジストリサービス
パナソニック※
メディプラス※



あれ?今確認しながら打ち込んだら19あるじゃん。



というわけで19本に訂正。
またしてもちょっと得した気分。

ショックなのは、勝負コピーがあったキヤノンセメダインがまさかの全滅だったこと。特にセメダインは、あの男気溢れる?オリエンをうけてかなり気合を入れて取り組んで、協賛企業賞はもらった!!と本気で思ってたんだけど・・・。まさか1本も通らないなんて夢にも思わなかった。アットホーム防災(主催者特別課題)もそれなりに自信があったんだけどなぁ~。

現時点で『例のやつ』は来てないので、協賛企業賞はほぼ絶望・・・。贈賞式参加へ残された道はファイナリストへのノミネートのみ。仮に超希望的観測でそっちは連絡がまだ来ていないとして、期待できそうなのは勝負コピーのあるクレディセゾン一択。なんだけど、そもそもそれが残っているかどうかもあやしいしなぁ。テンピュールも悪くないし、もうこの際なんでもいいや。

とにかく1本でも通過していれば可能性はゼロではないわけで、もしかしたらもしかするかもしれない。すっかり静岡タラレバおじさんと化してるけど、最終的に結果が出てとどめを刺されるまでは、諦めないで楽しんだ方がお得よね。ニンテンドースイッチとゼルダの伝説を予約しちゃったから、何としても賞金GETしないとならないし、コピーの神様、どうかどうかお力をお貸しください。




本日、11月11日、コピーライターの日、第54回宣伝会議賞が締め切りを迎えました

「いやぁ~とにかく長かった」ってのが今の感想。今年から応募期間が延びたので実際長いんだけど、なんていうかそれ以上に長く感じました。最初は延長されてラッキーなんて思ってたけど、終わってみれば有効的に使えなかったどころか、かえって油断してダレてしまった・・・

まだちゃんと数えてないけど、応募本数は500とちょっとくらい。ここ何年かは800本を目安にしていたので、かなり少ない。課題が減って日数が増えた分もっと書くつもりでいたけれど、ほぼ前半の貯金のみ。10月後半、特に11月に入ってからは新しいコピーはほとんど作れなかった。ただ今回はかなりのスローペースでもいつものような焦りもなく、久しぶりに楽しんで取り組めたような気がするし、コピーの出来はともかく割と納得してて、これといった後悔もない。唯一あるとすれば、後半全然ブログが更新できなかったことくらいかな。

現実問題、この応募数だとよっぽどのことがない限り 1次通過が10本、2次が2本 くらいが関の山だと思う。いつものように10本の勝負コピーもできたけど、前回はほぼ全滅だったわけだし自己採点はまったく当てにならない。それでもなんだろう・・・不思議となんとかなりそうな気がするというか、もう諦めてるのとはちょっと違って妙に落ち着いた感じ。ナメック星に到着したときの悟空・・・ってのはさすがに言いすぎかな。

まあ、誰も予想してなかったトランプさんが大統領になっちゃうくらいだし、世の中何が起きても変じゃない。30本しか出さなくてもグランプリ獲っちゃう人もいるわけで。もしかしたらもしかするかもってドキドキできるのは、この2ヶ月ちょっとの間、寝る間も惜しんで全力でコピーを考えた応募者全員に与えられたご褒美だと思う。もちろん本当に欲しいご褒美は100万円と羨望と嫉妬のまなざしだけどね。

とりあえず途中経過でもぶち上げたとおり、【クレディセゾン】でファイナリストに残ります。でもって、【パナソニック】で協賛企業賞を獲ります。他にも【セメダイン】【テンピュール】【キヤノン】【キッコーマン】あたりで会心の一撃がある。とにかく今年こそ贈賞式に行きたいっ!!いや行く、行けると信じてる。コムアイさん来るのかな?

今からいいコピーが浮かぶと悔しいので、しばらくはな~んにも考えずにのんびり過ごそう。ちょうどミニファミコンも届いたし、アポォアポォ言いながら息子とイーアールカンフーでもやります。

応募者の皆さん、ひとまずはお疲れさまでした。長くて眠くてときどきつらくて苦しくて、それでもやっぱりとてつもなく楽しい時間でした。皆さんがどんなに凄いコピーを書いたのか、今から楽しみでしょうがない。できることなら贈賞式でご一緒して、いっしょに祝杯をあげましょう。ただし、表彰台のてっぺんは俺のものです!!












↑このページのトップヘ