宣伝会議賞のすすめ

国内最大の公募広告賞「宣伝会議賞」を通じて、キャッチコピーの魅力を少しでも多くの人に伝えたいと願う素人のブログ。 目標はグランプリと100万円!!そして『日本一コピーのうまい葬儀屋』を目指します。

カテゴリ: 第52回宣伝会議賞

SKAT.14。発売遅くていつもよりテンション低めとか、それほど楽しみじゃないとか文句ばっかり言ってたけど、フタをあけて見ればやっぱりこんなに楽しい本はない。で、その楽しさの100倍悔しくて、1000倍嫉妬しながら夜な夜なベットでのたうち回ってる。

自分の結果が不甲斐ないのはもちろんだけど、「なぜこのコピーが書けなかったのか」ってのがいくつかあるのが悔しいぃぃぃ。似たような考え方をしてそこそこいいセンいってるのに、表現で負けていてあと一歩のところでたどり着けない。ブラッシュアップにもっと時間をかければもしかしてって思えるものもあったんだけどなぁ~。まあ結果論だし、完全に負け惜しみなんだけど。

そしてそれ以上に、悔しいをはるかに通り越して嫉妬するしかないものがある。名付けるなら「その発想はなかったコピー」。モノの見方や目の付けどころが根本的に違う、というかもう次元そのものがまるっきり違う。


各駅を、急行っぽくする。 (アソビズム 2次通過) 稲葉 徹さん

634mは生えてきたわけではない。 (SRGタカミヤ 2次通過) 松田 彩子さん

.jpじゃないページの緊張感。 (日本レジストリサービス 3次通過) 石塚 勢二さん

明日、聞こう。最後のひとつをくれたワケ。 (不二家 3次通過) 財前 翔太郎さん

青いクレパスがよく減る星でありますように。 
(三菱ケミカルホールディングス 3次通過) おおの さとみさん



もう、全部好き!!!なぜこれがファイナリストに残れないのかわからない。他にもたくさんあるけど、このへんが特に衝撃をうけた。とにかく「参りました」と白旗を上げるしかない。コピー講座に通って発想の幅を広げるとか引き出しを増やすとかボキャブラリーを増やすとか、そういうことで解決できる気がしない。こういう感性ってのは訓練でどうにかなるようなもんじゃないような気がする。少なくとも自分には一生書けそうにない・・・。

だだっ広い空き地がある。そして「ここで自由に遊んでいいですよ。ただし空き地からは出ないでください」と言われたとする。

大半の人はサッカーしたり、野球したり、鬼ごっこしたり、かくれんぼしたり、ごくごく普通にみんなで同じことをする。もちろん自分はこのタイプ。

「バレなきゃ大丈夫」と空き地から出ようとする奴が出てくる。それを「怒られるからやめなよ」って優等生ヅラして注意しちゃうのが自分。

中には地面に穴掘って地下室作ろうとしたり、ドローンを飛ばして宇宙に行こうなんて突拍子もないことを考える奴がいる。それを内心うらやましく思って遠くから眺めてるのが自分。

う~ん、何となく思いつきで書いたけど例え話までセンスないわ~。つまり自分はいい意味でも悪い意味でも真面目で優等生。与えられた条件に対してそれ以上のことをやろうとしない。だから無難で既視感のあるコピーしか作れない・・・。

50万を超える応募がある中では、(それが機能するかどうかは一旦置いといて)、とにかく人と違う発想をして目立たなきゃ埋もれてしまう。もう何年もチャレンジしてて頭ではそれがわかったつもりで、こうしてSKATを見るたびに「今度こそ」とは思っても、いざ課題が発表されるとどうしてもその「枠」にとらわれてそこからはみ出す発想ができない。コピーってこういうもんだっていう先入観と固定概念に支配されてる。かといって無理やりはみ出させようとすると、今度は誰にも伝わらない意味不明なコピーになる。

もちろんはみ出してるからいいコピーってわけじゃないのはわかってる。けど、どうせならやっぱり誰にも思いつかないような「やられた!!」「そうきたか!!」って、たとえ受賞できなくても話題になるようなインパクトのあるコピーが作りたいのよね。

2次通過した5本、(そういえばセメダインの2次通過に載ってた「必着仕事人。」ってコピー、自分も出したんですけど・・・)ということで幻の1本もちゃっかり追加して6本。


各駅弊社


思い立ったが、即日。

プリントしている途中も、写真は楽しい。

黒霧島の日は、つまみをちょっと多めに作る。

あなたの家は、今日もたまたま無事でした。

必着仕事人。


見てのとおり半分は既存のフレーズをいじっただけの大喜利コピー。オリジナリティとは程遠い。それでも「各駅弊社。」は結構いいセンいってると思ったんだけど。残りの半分も「そんなに悪くないけど、そんなに良くもない」って中途半端でインパクトに欠ける。

でももし自分の得意な形みたいなのがあるとしたら、奇抜な発想やセンスを必要とするより、フツーっぽい中にちょっとした気づきがあるコピーの方が近いんじゃないかと思う。(といってもはるかかなただけど)だから無理にはみ出すことばかり考えないで、そっちの方向を伸ばして磨いていければいいなぁと。ただそのちょっとした気づきを見つけるためには、いろんな角度から見る発想の幅が必要なんよなぁ・・・。

結局どこまでいっても堂々巡りだ。コピーって難しい。


家に帰ってスプラトゥーンをやろうと思ったら、『SKAT.14』が届いてました。今度は間違いなく本物。
IMG_2318





小柴風花ちゃん可愛い!!








スプラトゥーンの誘惑を振り切って、早速最終結果と通過コピーを発表します。

1次の複数通過だった課題は、【ECC】 3本 【プロミス】 3本 【キヤノン】 5本 【ヤマハ】 2本 だったので、最終的には 1次通過 25本 うち 2次通過 5本 という結果。


前回が1次33本・2次3本・シルバー1本 なので、惨敗です。

敗因は誰の目にも明らかです・・・完全に調子にのってました。初心に帰るためとか散々偉そうなコト言って旧ブログを辞めたくせに、案の定これですよ、これ。結局何の進歩もしてないどころか退化してる。今思えばいつもよりSKAT読んでないし、ブラッシュアップもしてないし当然の結果。

その中でもあえて無理やり強引に良かった点を探すなら2次通過が増えたこと。これは地味にデカい。というかこれしか自分を慰められる要素がない。まったく情けなくて父ちゃん涙がでらぁ!!

とりあえず前回記事の予想と照らし合わせながら、全通過コピーを発表します。


通過作品は赤字で。予想が当たったものには★マークを付けました。


予想 本命・・・◎  次点・・・△


【課題  1】 保険クリニック 1次通過 1本

入ったときのあなたと今のあなたは、別人です。


予想
◎わからないことがわからない人のための、保健相談窓口。

△わかりにくかったのは、聞きにくかったからでした。



【課題  2】 旭化成 1次通過 1本

ママの手が、泣きやんだ。


予想
◎ためいきをはなうたに変えるカエル。

△地球防衛洗剤


【課題  4】 アットホーム 2次通過 1本

★各駅弊社。(2次通過)


予想
◎桜のきれいな公園と、さば味噌のおいしい定食屋さんも教えてくれました。(2次通過予想)

△各駅弊社


【課題  5】 ECC ※ 1次通過 3本

★試着、試乗、試食、試写。外国語だってもっと気軽に試してほしい。

歩き方だって何度もころんで覚えた。

日本が沈没したらどうする。


予想
◎そのジェスチャー「くたばっちまえ」って意味なんですけど。

△死ぬ前に1度は言ってみたい場所は、ほとんど海外にある。

△試着、試乗、試食、試写。外国語だってもっと気軽に試してほしい。


【課題  7】 プロミス ※  1次通過 3本 2次通過 1本

★思い立ったが、即日。(2次通過)

親友だからこそ、できない相談がある。

★今月は誰も結婚しませんように。

結婚式の招待状が、督促状に見える。


予想
◎思い立ったが、即日。(2次通過予想)

△お金にだらしないと思われない、唯一の相談相手。

△今月は誰も結婚しませんように。


【課題10】 キッコーマン 1次通過 1本


わたしのカラダが覚えてる。


予想
◎大根にもわたしにも染みている。

△おふくろのおふくろのおふくろの、そのまたおふくろの味。


【課題11】 キヤノン ※  1次通過 5本 2次通過 1本

プリントしている途中も、写真は楽しい。(2次通過)

よろこぶ顔がみたいから、写真のシェアは手渡しがいい。

タイムカプセルの中身がSDカードだったら、なんか嫌だ。

モニターで見ると目がつかれる。

そのままじゃ記念写真じゃなくて記念モニターだ。


予想
◎想像してください。タイムカプセルの中身が、もしSDカードだけだったら。(2次通過予想)

△データは宝物になれない。

△色あせた写真は、ずっとずっと大切にしてくれていた証です。



【課題13】 霧島酒造  2次通過 1本

黒霧島の日は、つまみをちょっと多めに作る。(2次通過)


予想
◎引き立て役もこなせる主役。(2次通過予想)

△愚痴までつまみになる。


【課題18】 シャッターストック 1次通過 1本

イメージはある。イメージ通りがない。


予想
◎はやい、やすい、うまい。

△そうそう、これこれ、こういうの。


【課題20】 セコム 2次通過 1本

あなたの家は、今日もたまたま無事でした。(2次通過)


予想
◎安全に希少価値はいらない。(2次通過予想)

△泥棒に見せ場があるのは、フィクションの中だけでいい。


【課題24】 ディーエムソリューションズ 1次通過 1本

「気になる」を「気に入る」に変える。


予想
◎第一印象が致命傷になる前に。

△興味のもてないDMは、ただの嫌がらせだ。


【課題25】 トゥ・ディファクト 1次通過 1本


★エッチな本のポイントで、哲学書を買った。


予想
◎hontoは、本とのキューピット。

△エッチな本のポイントで、哲学書を買った。


【課題30】 日本レジストリサービス 1次通過 1本

当たり前すぎて、すごいと思っていませんでした。


予想
◎わたしのアドレスには「世界一安全です」って書いてある。

△「うさんくさい」は、パッと見で判断される。


【課題31】 パナソニック 1次通過 1本

ガス代まで安くなります。


予想
◎太陽を無駄にしないことが、太陽への恩返しだと思う。

△今日の焼肉は太陽のおごりだ。


【課題36】 ヤマハミュージックジャパン ※ 1次通過 2本

トライアングル以外は、無理だと思ってた。

★今日から和夫じゃなくてKAZUって呼んでくれ。



予想
◎聞くだけで泣ける曲、弾けたらどうなっちゃうんだろう。

△レッスン帰りに、路上ライブに飛び入り参加した。

△今日から和夫じゃなくてKAZUって呼んでくれ。



以上、答え合わせの結果・・・正解はトータルで6/25本。2次通過は2/5本。



・・・やっぱり思ってたんとちが~う!!


しか~も、◎の本命コピーはひとつも残らずまさかの全滅・・・。保険かけて次点選んどいてよかった~とか言ってる場合じゃない!!
 問題は「本命コピーを10本作って勝負する」って作戦がまったく通用しなかったってこと。結局、前回のシルバーは本当にたまたま偶然ありえない確率で運よく奇跡が起きただけで、実力でも何でもなかったってことが証明されました。まあうすうす感じてはいたけど・・・。じゃあどうすればいいのかまったくわからないけど、ちょっと根本的にいろいろ考え直さなきゃならないのかもしれない。

それにしても、やっぱみんなスゲェや。受賞作はもちろんだけど、「なぜこれが3次止まりなの?」ってコピーや「どうやったらこんな切り口出てくるのよ?」ってコピーがたくさんありすぎる。もうため息しか出ない・・・。まだざっくりしか見てないけど1次にも絶対真似できないようなのがありそう。


やっぱりSKATは面白い!!でもってコピーライターってハンパねぇ!!!今さらだけどセンスにあまりにも差がありすぎて、ちょっともうこれっぽっちも勝てる気がしないんですけど・・・。




さてさて、ようやく、本当にようやく今月末『SKAT14』が発売されます。正直グランプリ発表から間があきすぎて、待望というより待ちくたびれた感でいっぱい。宣伝会議賞しか趣味がない自分でさえもテンション低くて、28日に出るwiiUのスプラトゥーンの方がはるかに楽しみだったりします。SKATの売上落ちるよね、きっと。まあなんだかんだ言っても当然買うし(amazonで予約済み)、読み始めれば面白くて勉強になるのは間違いないんだけどね。

で、これだけ時間があったにもかかわらず、例によって今回も「ひとり反省会」が中途半端になっちゃいました。まあ誰も期待しちゃいないんだろうけど、せめて通過課題くらいはちゃんとやれよと。ついつい飲み会の準備に夢中になってしまった・・・。

とにかくSKAT見てからなら後付けでなんとでも言えるので、通過作品をちゃんと予想してあとで答え合わせをしようと思います。ただま~ったく当たる気がしないので、1課題につき本命1本と保険として次点コピー1本の計2本をチョイス。※マークの複数通過課題は次点を2本にして計3本。2次通過予想は当然それぞれの課題の本命コピーってことで。それでは参りましょう!!


1次通過 19本  2次通過 5本   ◎・・・本命 △・・・次点


【課題  1】 保険クリニック

◎わからないことがわからない人のための、保健相談窓口。

△わかりにくかったのは、聞きにくかったからでした。


【課題  2】 旭化成

◎ためいきをはなうたに変えるカエル。

△地球防衛洗剤


【課題  4】 アットホーム 

◎桜のきれいな公園と、さば味噌のおいしい定食屋さんも教えてくれました。(2次通過予想)

△各駅弊社


【課題  5】 ECC ※

◎そのジェスチャー「くたばっちまえ」って意味なんですけど。

△死ぬ前に1度は言ってみたい場所は、ほとんど海外にある。

△試着、試乗、試食、試写。外国語だってもっと気軽に試してほしい。


【課題  7】 プロミス ※  

◎思い立ったが、即日。(2次通過予想)

△お金にだらしないと思われない、唯一の相談相手。

△今月は誰も結婚しませんように。


【課題10】 キッコーマン

◎大根にもわたしにも染みている。

△おふくろのおふくろのおふくろの、そのまたおふくろの味。


【課題11】 キヤノン ※  

◎想像してください。タイムカプセルの中身が、もしSDカードだけだったら。(2次通過予想)

△データは宝物になれない。

△色あせた写真は、ずっとずっと大切にしてくれていた証です。


【課題13】 霧島酒造  

◎引き立て役もこなせる主役。(2次通過予想)

△愚痴までつまみになる。


【課題18】 シャッターストック

◎はやい、やすい、うまい。

△そうそう、これこれ、こういうの。


【課題20】 セコム

◎安全に希少価値はいらない。(2次通過予想)

△泥棒に見せ場があるのは、フィクションの中だけでいい。


【課題24】 ディーエムソリューションズ

◎第一印象が致命傷になる前に。

△興味のもてないDMは、ただの嫌がらせだ。


【課題25】 トゥ・ディファクト

◎hontoは、本とのキューピット。

△エッチな本のポイントで、哲学書を買った。


【課題30】 日本レジストリサービス

◎わたしのアドレスには「世界一安全です」って書いてある。

△「うさんくさい」は、パッと見で判断される。


【課題31】 パナソニック

◎太陽を無駄にしないことが、太陽への恩返しだと思う。

△今日の焼肉は太陽のおごりだ。


【課題36】 ヤマハミュージックジャパン ※

◎聞くだけで泣ける曲、弾けたらどうなっちゃうんだろう。

△レッスン帰りに、路上ライブに飛び入り参加した。

△今日から和夫じゃなくてKAZUって呼んでくれ。



受賞作が発表された後だと当初とはちょっと印象も変わってきちゃう。改めて見返してみると「こっちの方がよかったかな?」なんてのも結構あるけど、その判断は期間中にできなきゃ意味がない。なので応募した時点での予想のままで。

1次通過に関しては「なんでこれが?」的なコピーも見かけるので、当たるに越したことはないけどどっちでもいいというか・・・。大事なのは2次通過。本命は通過しないってことはこれまでにイヤというほど思い知らされてるけど、それでも5本2本は的中させたいところ。

果たして俺のコピーを選ぶ力はどこまで通用するのか?そして他の人はどんなコピーを出したのか?やっぱりSKAT楽しみだ!!




で、こっからは例によって「俺頑張ったアピール」の時間です。

ただ飲み会を開いて集まってもらうだけじゃ申し訳ないので、今回もいくつかのアイテムを用意しました。


その① SSMET(すすめっと)

毎回恒例の必須アイテム。参加者のプロフィールと宣伝会議賞の受賞作を掲載。ブログが新しくなったのでSBETから名前を変えて『SSMET』に。語呂がちょっと悪いけどブログのタイトルをつけるときはそこまで考えてなかったし、まあしょうがない。表紙はもちろん我が家の天使。成長期でちょっとぽっちゃり気味だけど・・・。

IMG_2308











今回も完璧!!!かと思いきや、当日プロフィール誤植の指摘がいくつかあってショック。時間が足りなくてチェックが甘かったのが悔やまれる。


その② オリジナルストラップ

毎回参加していただいた皆さんに渡す粗品。これまでは鉛筆・手ぬぐい・ふせんセット・カレンダーとか、どれもネットで購入してたんだけどもうネタ切れ。しかもネットだと100個単位でないと買えなかったりするので「どうせなら作ってしまえ!!」と思い立つ。問題は何を作るかなんだけど・・・ちょうど子供たちがプラバン遊びにハマっていたので「これで何かできないか?」と早速実験開始。

で、試作第1号がこれ

IMG_2312









・・・思ってたのと違う



これじゃさすがにやばいので、ネットでいろいろ調べてみた。ちょっと工夫すれば何とかなりそうな感じ。試行錯誤をくり返したどりついた作り方がこちら。

IMG_2250IMG_2253
①下絵を描いてプラバンに写す。ペンは黒より白の方が可愛かった。



IMG_2257
②切り取って、裏面にやすりをかける。(色鉛筆での着色に必要)



IMG_2261
③色鉛筆で色を塗る。マジックやアクリル絵の具など他にも試したけど、これが1番淡くていい感じだったので。


IMG_2263
④オーブンでブン!!プラバンの厚さや加熱時間によって収縮率が違うので、ベストなサイズにするのにかなり苦戦。だいたい4分の1くらいになる。


⑤この時点で妻に見せたら、「緑以外もあればいいのに」と人の苦労も知らずにのんきに言い放ちやがった。その結果・・・
IMG_2264IMG_2266




IMG_2272
⑥見栄えがいいいように裏面に白いプラバンを貼る。



⑦このままでもいけそうだけど、UVレジンを塗って硬化させるとプックリして発色が良くなる。

⑧ストラップをつけるために金具をつける。これが想像以上に大変。割れたり曲がったりで10個くらいロスした。

⑨ここまできたらどうせならパッケージも作っちゃえ!っとこれまた試行錯誤の末、ようやく完成!!
IMG_2281








最初から比べたら格段にレベルアップ!!これは我ながらうまくできたと思う。120点の出来。


その③ オリジナルトロフィー

祝勝会なので、せっかくだから何か記念に残るようなものを渡そうかと考えた。でも何か買うとしても好みがあるしセンスが問われるし、何より予算が・・・。てなわけでこれまた作っちゃえ!!と。悩んだ末に「鉛筆型のトロフィー」とかよさげじゃないかと。

yjimage

※注 画像はイメージです





早速100均とホームセンターを巡って材料調達へ。当初角材をカンナで削って切り出すつもりだったけど、どう考えても素人にはできないことに気づいて断念・・・。色々考えた結果、ホームセンターで見つけた「バルサ材」を組み合わせることにした。

IMG_2233IMG_2236IMG_2234
①バルサ材とスチレンボードをカッターで切ってパーツを作る。


IMG_2239IMG_2241IMG_2243
②接着剤で組み立てる。



IMG_2244IMG_2246
③木工タイプのパテで隙間を埋める。



④全体にやすりをかけて滑らかにする。

⑤下地として透明ラッカーを塗る。

⑥着色。上部はアイボリー、シルバー受賞者用はシルバー、協賛企業賞はグリーン。鉛筆の先端は油性マジックで。

⑦透明ラベルシールにコピーを印刷して貼って完成。

IMG_2295








遠目に見る分にはそれっぽくできてるけど、よく見るとパテ埋めが不十分だったり、色ムラがあったりとかなり粗が目立つ。最初の完成イメージとは程遠い・・・。ストラップが予想以上のクオリティに仕上がったので余計に。まあポジティブに考えれば手作り感があるってことで。

IMG_2294

⑧少しでもごまかせるように箱に入れてみた。






これで全アイテムが無事完成!!

IMG_2304













仕事がもう少しヒマで時間に余裕があればもうちょっと何とかできたかもしれないけど、できるだけのことはやったし作るのは楽しかったから自分としては満足。みんなにも喜んでもらえた(はず)。

それにしてもちゃっかり作業工程を写真まで撮って、いかにも苦労しましたよとアピールしちゃうあたりが我ながらゲスい。だってさ、何人かに「どうやって作ったんですか?」って聞かれたんだもん。聞かれなきゃわざわざこんなこと・・・ねぇ。まあ、それだけこの飲み会を楽しみにしてたってことです。

とはいえ、他人のお祝いばかりしてる場合じゃないのよね。宣伝会議賞はもちろんのこと、他のコンペでも結果を出さないとただの飲み会おじさんになっちゃう。とりあえずピンクリボンに挑戦してるんだけど、絶望感しか生まれてこない・・・。




先日の土曜日、『第52回宣伝会議賞 祝勝会&激しく嫉妬する会』(通称?すすめ会)を開催しました。

今回は運よく受賞したシルバーを完全に図にのったせいで不甲斐ない結果に終わりましたが、お世話になっている方が何人か受賞されていました。前回盛大にお祝いをしていただいたので今回はそのお返しと、自分にもう1度喝を入れる意味で企画しました。

受賞者の皆さんを中心に、以前からお付き合いしていただいている方々やそのご友人など、1次会・2次会合わせて総勢23名。お仕事で忙しい中、たくさんの方々に参加していただきました。もしかしたら「俺呼ばれてないんだけど?」なんて方もいるかもしれませんが、会場のキャパの関係でお誘いできなくて申し訳ありません・・・。

こうした飲み会をやるのは以前のブログ時代を合わせると4回目かな?毎度毎度同じことを言ってますが、とにかく楽しくて時間があっという間に過ぎちゃう。気がついたらもう終わりかよ!!って感じ。1次会が18:30にスタートして、例によって始発で帰るまでの約12時間。コピーの話から始まって、贈賞式の様子や講座の話、子供の話や人生相談?、マンガやアイドル、おいしいお店、などなどなどなど、真面目な話からここには書けないような放送禁止の下ネタまで、とにかく話題は尽きず。普段はほとんど飲まないお酒もガンガン飲んで、朝まで終始ハイテンションのまま。

でこれも毎度毎度言ってますが、いつものメンバーはもちろん、初対面の皆さんも全員本当にと~~~~~~~ってもいい人ばかり。「いつもブログ見てます」とか「スカパーのコピーはグランプリかゴールドだと思ってました。」なんて、リップサービスだとしてもそんな風に言ってもらえてメチャクチャうれしい!!みんな誠実で一生懸命で若さと才能に溢れてる。自分が持ってないものをたくさん持ってるから、眩しすぎてちょっぴり凹んだりもするけど、それ以上に負けてたまるかって刺激を与えてくれる。この歳でこんな出会いができるってなんて幸せなんだろう。

人数が多くてあんまり話ができなかったりした人もいるけど、全体的にはまずまず成功だったんじゃないかな?またいつか機会があれば開催したいと思います。もちろん今度は自分の祝勝会としてね。

参加していただいた皆さん、本当にありがとうございました。




↑このページのトップヘ