宣伝会議賞のすすめ

国内最大の公募広告賞「宣伝会議賞」を通じて、キャッチコピーの魅力を少しでも多くの人に伝えたいと願う素人のブログ。 目標はグランプリと100万円!!そして『日本一コピーのうまい葬儀屋』を目指します。

カテゴリ: コピーコンペ


毎度のことながら、SKAT発売までが遠すぎる。かといってグランプリやファイナリストが掲載されてないのなんて二度と買いたくないし・・・。というわけでおとなしく待つしかないってことになる。


その間、特にめぼしいコンペもない。いや探せばあるっちゃあるけど、どうもピンとこない。「少しでも多く打席に立つ」なんて思いながらも、やっぱり賞金が出たり全国展開されたりとかじゃないとモチベーションがあがらない。


「何かしらコピーの勉強をしなくちゃ」
と思ってはいても、やっぱりどうしてもグタグタしちゃうもので、特に今はゼルダの伝説のせいであっという間に時間が過ぎていく。気がついたら朝?なんてこともあったりして。それでもようやくとりあえずの終わりが見えてきたかな?と思ったら、もうすぐマリオカートの最新作の発売日。子供たちも楽しみにしてるし、買っちゃうよね、絶対。う~ん、ダメだこりゃ。


そんなダメ人間のもとに静岡会のメンバーから飲み会のお誘いが。急だし平日だしその日も次の日も仕事だしほとんど諦めてたけど、どうしても行きたくて力ずくであれこれ段取りしてなんとか休みをねじ込んで参戦。


急な招集にもかかわらず、主要メンバーはほぼほぼ出席。どんだけヒマなのよw。これなら無理して来なくてもよかったかなぁ~なんて思ったりしたけど、やっぱり来てよかった。


いつものメンバーで、いつものように飲んで、いつものようにコピーバトルして、いつもと違う俳句バトルなんかもして、いつも以上にめちゃくちゃ楽しかったし、いつも以上に刺激になった。みんな仕事や私生活でいろいろ悩みながらそれでも頑張っててるんだな、自分だけダラダラしてる場合じゃないなと


今年は販促コンペに初挑戦したくて、牛角の案を見よう見まねで企画書に起こしてみた。初めてにしては割といい感じだと思ってたけど、試しに何人かに見せたらリアクションはいまひとつ・・・


販促コンペの説明のために、はじめに第1回グランプリ『コカ・コーラ シークレットメッセージ』を見せたのが失敗だった。あんな伝説の企画のあとじゃ、そりゃどんなアイデアもかすんで見えるに決まってる。けど、それを差し引いてもやっぱりインパクトが足りないのは明らか。むしろ思いつきで言った「CDショップの試聴機から突然焼肉を焼く音が流れる」ってやつの方がウケてた。もっともっとブラッシュアップするか、まったく別の方向で考えないと。みんなも応募する気になったみたいだし、ライバルは多いほうが燃える。当然負けるわけにはいかない。企画書なんて作ったこともないけど、目標はあくまでグランプリと100万円!!


5月にはピンクリボンもあるし、余裕があればSBSラジオのCMコンペにも出したい。C-1グランプリにもこっそり挑戦してるけど、まったく歯が立たない。それでも自分の力を測れるのはコンペしかない。たとえ結果はでなくても、打席に立てなくても、素振りだけは続けておかないと一生出番なんかまわってこないし、活躍なんてできっこない。


子供たちを説得して、マリオカートを買うのはちょっと待ってもらおう。買っちゃったら絶対に我慢できない自信がある!!






本日は新宿2丁目の2畳くらいしかないネットルームからお送りしています。(ねむい・・・)

昨日、第12回ピンクリボンデザイン大賞 の結果発表と、授賞式が行われました。

すでにご存知かとは思いますが・・・あれ?ご存じない?まあ中にはそういう方もいらっしゃいますよね。ではよく聞いてくださいね。

昨年の優秀賞につづき、2年連続受賞・・・え~とここすごく大事なのでもう一度、リピートアフタミー



に・ね・ん・れ・ん・ぞ・く・じゅ・しょ・う




はい、よくできました。で、次はもっと大事。いいですか?よく聞いてください。今度は1度しか言いませんよ。



しかもグランプリを受賞しました!!!




つまり、要約すると




俺すげぇぇぇぇええぇぇぇぇぇ、いやマジで。


早期発見は、あなたにしかできない。


う~ん、見れば見るほどいいコピー。
(超絶自画自賛)



事前に受賞連絡があったときのリアクションとか、大体察しがつくと思うのでくわしくは省略。死ぬほど驚くを通り越して、逆に驚きすぎて生き返った感じで伝わる?

で、六本木ヒルズで行われた授賞式に参加してきたわけです。本来あまり人様の前に出て行けるような容姿ではないので、一瞬(一瞬かよ)迷ったものの出席を決意。ほら、中の人が出てくるとせっかくの作品のイメージ崩れちゃうことってあるでしょ?声優とか漫画家とか。でもこの歳になって褒められることはめったにないし、なにより以前富士山コピーでお世話になった審査委員長の中村禎さんにお会いできるチャンス。主催者としてもグランプリが欠席だとカッコつかないだろうし。

授賞式自体は30分もかからずに終わるらしい。せっかく東京まで行くなら久々に誰かと飲みたいなぁと思い、何人かのコピーライターさんにお誘いメール。今回はいつもの大人数ではなく、5~6人で。2年ぶりくらいの連絡にもかかわらず皆さん快く参加OK。ただこの時点では受賞したことは口外できないので、授賞式のことももちろん内緒。あくまで宣伝会議賞途中経過報告って名目で。


リハーサルがあるので集合は13:15分。その後の飲み会が新宿だったので、ネットで調べて今いるネットルームを予約。午前中に部屋に到着しスーツに着替える。土地勘が全然ないので余裕を持って出発したのに、大江戸線くっそ遠いし地下もぐりすぎ。六本木ヒルズの中に入ってからもプチ迷子で結局時間ぎりぎりに到着。暑くもないのに汗びっしょり。

指定されたテントに入るとそこにはピンクリボンに合わせてピンクののシャツにジャケットすがたの中村さんの姿。さすがに相変わらずオシャレでカッコいい。早速ごあいさつ。富士山コピーのときとは違い、今度はちゃんと覚えててくれた。他の審査員の方々やポスター部門、モモ妹特別賞の受賞者さんも勢ぞろい。ポスター部門グランプリの佐野さん、めっちゃ美人で明らかにただものではないオーラを発してた。あと名前忘れちゃったけど、司会のテレ朝のアナウンサーさんもちっちゃくてめっちゃ可愛い。ざっくりとした流れの説明と立ち位置などの確認のあといよいよ本番。

もう緊張感がハンパない。おなか痛い、帰りたい。ひとりで挙動不審。受賞コメントを言わなきゃならないから事前に考えてたのにすでに真っ白。ひとりずつ名前を呼ばれ舞台上へ。ポスター部門が先でよかった~。トップバッターだったら間違いなくなんかやらかしてた。作品紹介のあと中村さんから賞状と目録の授与。がっしり握手をしていただいて、テンパリながらも超しあわせ

でもその後中村さんの講評でさらにうれしいお言葉が。昨年の優秀賞のことも話した上で、相当の実力の持ち主ですとおっしゃってくださった。いやね、まさかそんな風に言っていただけるなんて、もうホント泣きそうでやばかった。生きててよかった・・・。

で、いよいよ受賞者のコメント。まずはポスター部門佐野さん。緊張してる素振りも一切見せず、すっごいスラスラとしかも何かすげぇいいこと言ってるっぽい。(緊張しててあんまり頭に入ってこない)リハーサルでは「どうしよう、1分も話せない・・・」とか言ってたのに、話が違うじゃねーかよ!!おかげで真っ白通り越して、もう透きとおってきちゃったよ。いっそこのまま消えてしまいたい・・・。負けじと何かいいこと言おうと試みるも、あえなく撃沈。後半は自分でも何ていったのかよく覚えてない・・・。

とにもかくにも無事終了。すっごく長く感じたのに終わってみればほんの数分。もうのどカラカラ。控えのテントに戻ると中村さんから「せっかくだから写真撮ろうよ」と声をかけていただいた。うおぉぉぉマジですか。ふたりで作品パネルをはさんで1枚。そしたら今度は「握手しようぜ」って言っていただいてもう1枚。帰ったらでっかく引き伸ばして額に入れて玄関に飾りますわ。家宝ですよ家宝。最後に「宣伝会議賞の贈賞式にも絶対行きます!!」って約束してきた。だからなんとしても絶対絶対行ってやる。
IMG_20161001_140837








それにしても顔でかすぎ!!!

ちなみに小耳に挟んだところ(けっして盗み聞きじゃないよ)ポスター部門の佐野さんは大学のミスコンでグランプリの人らしい。なるほど納得だわ。そんな人とこんなのが一緒に並んでたかと思うと、今考えてもぞっとする・・・。贈賞式に行くならコピーだけじゃなくこっちも何とかしないと。





リオオリンピックが熱い!!!普段スポーツなんてしないし見ないし興味もないんだけど、何となくテレビを見てたらすっかりハマってしまった。

サッカーのガバガバな試合に始まり、体操男子団体の金内村の個人総合での大逆転の完璧な鉄棒卓球の愛ちゃんのシングルでの無双っぷりとそれでもまったく歯が立たない異次元レベルの中国。男子7人制ラグビーの大金星の連続に柔道・水泳のメダルラッシュ。卓球男子シングル準決勝の水谷と馬龍の漫画みたいな超絶ラリーとその後の悲願の銅メダル獲得テニス錦織の連日の死闘突然のSMAP解散・・・。ドラマ以上にドラマティックな場面の連続で、真夜中に雄叫びと号泣のくり返し。おかげですっかり寝不足。でもそれだけの価値がある。いやぁ~宣伝会議賞の期間中じゃなくてよかった。


ところが、オリンピックに夢中になりすぎてやらかしちゃいました。

サンキューバトンとテレビ大阪のコピーがいっこうに進まないので、息抜きがてら探してたら見つけた『小田原かまぼこ通り』のキャッチコピー募集

Screenshot_2016-08-04-13-30-11

見てくださいよ、このあふれんばかりのB級感たった1行のざっくりとした募集要項。 そのくせコピー参考例が『そうだ 京都、行こう』って、気持ちはわかるけどあまりのギャップに激しく萌えてしまった。

副賞の、これぞザ・田舎町って感じのあんまり欲しくないけど憎めないラインナップも最高!!小田原は近いし子供たちもかまぼこ好きでわりとよく行くので挑戦してみることに。とりあえず即興で10本ほど送りあとはスマホに書き留めてたんだけど・・・・10日は地元の花火大会もあって締め切りってことをすっかり忘れてた。結構な自信作も含めて20本くらいあったのに・・・。

で、今日なにげなく応募ページを見てみたら、もう最終候補の3本に絞られてWEB投票がはじまってる!!!!


小田原かまぼこ通りキャッチコピー 最終審査


もちろん俺のは選ばれてない・・・う~ん残念。かまぼこ食べて温泉入りたかったなぁ。それにしてもお盆休み真っ只中なのになんて仕事が早いんでしょう。運営さん、かなり気合入れてるみたい。宣伝会議賞をはじめその他のコンペも見習ってほしい。

応募総数は700本!!正直せいぜい100本くらいだと思ってなめてました・・・ゴメンナサイ。残った3本は、まあいかにもというか想定の範囲内の無難なやつね。これじゃ出せなかった20本もひっかからないわ。せっかく一般投票するのに、どれも大した差がなくてどんぐりの背比べって感じ。自分のが選ばれなかったから負け惜しみにしか聞こえないけど、1本くらい冒険してインパクト重視のぶっ飛んだコピーがあってもいいのにね。

さて次は19日締め切りのテレビ大阪。こっちは忘れないうちに応募しないと・・・。でも未だにろくなコピーができてない。オリンピックなんて見てる場合じゃないんだけど、見ちゃうよなぁ~。ガンバレ、日本!!!





いよいよ8月、夏本番。なにもしなくても汗と一緒にやる気と集中力がダダ漏れで、デブにとっては地獄のシーズン。いや、ホントにこの灼熱の中全力で戦う高校球児とか凄すぎる・・・もう尊敬しかない。常葉菊川ガンバレ!!

エアコンがんがんきかせた部屋でスイカバーでもかじりながらのんびりコピーを考えたいところだけど、夏休み全開の子供たちがそんなことさせてくれるはずがない。やれ、海だプールだキャンプだ映画だ花火だ自由研究だポケモンGOだドラクエミュージカルだと勝手に予定満載。 (ドラクエは完全に俺の趣味)

全部連れてってあげたいけど先立つものが必要なわけで、サンキューバトンで獲得予定の賞金10万じゃとても足りない。(そもそもなぜ獲れると思ってるのか・・・)そこで見つけたもう10万の入手先!!



テレビ大阪 キャッチフレーズコンテスト



〆切は今月19日。ネタ切れでちっともすすまないサンキューバトンはいったん置いといて、気分転換もかねてさっそく挑戦。ピンクリボンとサンキューバトンはテーマがテーマだけにあまりはっちゃけられなかったけど、これならかなり好き放題できそう。

ただ自由度が高すぎてかえって方向性が決めにくい。大阪といえばお笑いなので、その辺のワードセンスも必要になりそう。そして最大の問題は1人10本しか応募できないこと。数撃ちゃ当たる他力本願作戦が通用しないのはツライ・・・。

テレビ局のコピーでぱっと思いつくのは、日テレ営業中とかきっかけはフジテレビくらいかなぁ。でもこの辺はあんまり参考にならない気がするよなぁ。試しに地元静岡のテレビ局のコピーを調べてみた。あってるかどうかはわからないけど、多分公式HPのTOPにあるのがコピーだよね、たぶん。ちなみに大阪のテレビ局にはコピーらしいコピーが見当たらなかった・・・。



静岡朝日テレビ   おまかせっ!


静岡第一テレビ   NEXT VISIONへ。

SBSテレビ      みてコレ!6チャン

テレビ静岡      元気をピピピ テレしず





う~ん、どうなのこれ?地元での知名度ならやたらCMが流れてて脳内再生余裕な 元気をピピピ テレしず~♪ なんだけど、正直どれも微妙すぎない?共通してるのは短いってことと、明るく前向きってとこ。ただそうなってくるとますます何でもありな気がする・・・。どっちにしろテレビ大阪のイメージや企業理念をひと言で表すとなると相当難しい。

何とか大阪らしさを出したくて思いついたフレーズをいくつかの大阪弁変換サイトで翻訳?してるけど、いまいちピンとこないし、そもそもホントに正しい大阪弁なのかもあやしい。SNSつながりの大阪人に聞いてみたいけど、当然みんなライバルだし手の内はあかせない。(いや手の内なんて言えるほどのもんなんかないけど・・・)だいたい方言のコピーってあんまり見かけないし、やっぱり標準語の方がいいのか?10本しか出せないから半々にするか?いろいろと悩みは尽きない・・・。


審査員にはピンクリボンに引き続き中村禎さんがいるし、賞に絡まないまでも何かしらのインパクトは残したいなぁ。


どうやってもフォントサイズが統一できない・・・読みにくくてスイマセン。





















第53回宣伝会議賞のグランプリ決定の盛り上がりも今や昔・・・。

グランプリがCM案でつぶやきにくい?こともあってか、例年より話題に上る回数が少ない気がする。派手さはないけどとってもいい作品なので是非実際のCMとして採用してほしい。

気分はすっかり祭りのあと。『次回に向けて頑張ります!!』的なテンションにはほど遠い。よせばいいのに受賞者さんの報告ブログを検索しては、センスはもちろんその努力の差を見せつけられて凹む一方。とりあえずSKATの予約だけはしたものの、さらに多くの猛者たちとのレベルの違いに打ちのめされることは間違いない。

いつもなら『こんな時は飲み会だ!!』と、反省会だの祝勝会だのを企画してその準備に追われることで気をまぎらわしてるのに、それすらやる気がおこらない。それでも何かをしないと半年後にはまた次がやってくるわけで、今のままなら間違いなく今より悪い結果しか出ないわけで・・・。


どうすればコピーが上手くなるのか?


①いいコピーを見る 

②とにかく書く 

③誰かに見てもらう 


コピー講座に通いでもしない限り、思い浮かぶのはこのくらい。①はコピー年鑑を買うか(高くて買えないけど)、ネットがあれば何とかなる。問題は②と③。とにかく書くっていっても課題もなしに書けないし、誰かに見てもらうってのも、ちゃんと見る目がある人でないと意味がないだろうし。そうなるとやっぱりコンペに応募して結果を出すことでしか実力を測れない。

ラジオCMのコンペと比べ、コピーコンペとなると限られてくる。ちゃんと調べれば地方自治体絡みで結構やってたりするけど、標語やスローガン的なものが多くて誰が審査したかもよくわからない。結果を見てもピンとこない場合が多いし賞金もないからよっぽど気が向かないと応募しない。『そんな選り好みしてるからダメなんだよ』と言われればそれまでだけど・・・。

結果、行きつくところはC-1グランプリってことになるんだけど、これがねぇ~。テーマが難しいうえにレベルも相当高い。しかも課題は原則ブレーンを買わないとわからない。近所の本屋には置いてないので立ち読みもできない。たま~に締め切り間際にネットで知ったときだけ応募してる程度。当然、箸にも棒にも掛かからない。前からちゃんと定期購読を申し込んでじっくり挑戦したいと思ってはいるんだけど、1年分の一括支払いが地味に痛くて踏ん切りがつかない。

最近応募したのは、公募ガイドで始まった渡辺潤平さんのコピトレ。すでに第1回の『卒業式』のコピーは結果が発表された。もちろん惨敗。受賞者として名前が上がっているのは、例によって見かけたことがある方々ばかり。できる人ってのはとにかく打率が高い。どんな課題でもコンスタントに結果が出せる。何とか一矢報いたくて挑戦してるけどろくなコピーができず、ますます心が折れていくばかり・・・。茨城県や那須塩原のキャッチコピーも出したけどダメ。

ゲームみたいに「次のレベルまであと何ポイント」と親切に教えてくれるわけでもなく、レベルアップしてもファンファーレなんて鳴らないから上達してるのかどうかも自分じゃわからない。そのくせ厄介なことに、たま~にまぐれ当たりで会心の一撃が出たりして、それがかえって逆効果。実力もないくせいに勘違いして調子にのってしまう。シルバーやピンクリボン受賞がまさにそれ

誰かと比べてもしょうがないのはわかっているけど、足りないものがあまりにも多すぎる。唯一誰にも負けないと思っていた宣伝会議賞への情熱すらも・・・。





↑このページのトップヘ