宣伝会議賞のすすめ

国内最大の公募広告賞「宣伝会議賞」を通じて、キャッチコピーの魅力を少しでも多くの人に伝えたいと願う素人メタボ親父のブログ。 目標はグランプリと100万円!!そして『日本一コピーのうまい葬儀屋』を目指します。

カテゴリ: コピーコンペ


宣伝会議賞的にはオフシーズン。某〇〇馬さんのようにマメでも研究熱心でもないので、ブログは絶賛サボリ中。


ちょっとしたことはツイッターでつぶやくだけで済ませちゃうんだけど、ようやくちゃんと書かなくちゃ!!と思うことができました。


それがこれ。




8月5日の「タクシーの日」を盛り上げるため、歩行者や乗客の目に止まるようなフレーズを募集。応募作の中から公益社団法人日本広告制作協会が選んだ50作品がタクシーにラッピングされ都内を走るという企画。


さらにその中から一般社団法人東京ハイヤー・タクシー協会が最優秀賞1本と優秀賞2本を選出。お台場でのイベントで表彰式がある。


自分の書いたコピーが実際に都内を走るなんてまるで夢のよう・・・。こんなんやらずにはいられないっしょ!!そんなわけでとにかく何が何でも上位50本に残ることを目標にチャレンジスタート。


ところがですよ、気合入れてやりはじめたもののいきなり大苦戦。理由は2つ。


ひとつは文字数制限。タクシーのドアに掲載するため、句読点も含めて17文字以内が条件。普段から短いコピーは超苦手。宣伝会議賞でシルバーと協賛企業賞とったコピーもどっちも長い。(なんて自然でさりげない自慢なんでしょう)


はじめっから文字数を意識してると全然書けないので、とりあえず字数はガン無視して思いついたものは全部書きだしてあとから調整することに。コピーの最後には必ず「。」をつける派なんだけど、場合によっては泣く泣く省略。無理やり詰め込みました。


ふたつめは応募要項にあった例題。それがこれ。


例:「車窓より息子の顔見る上京の母」
  「つかの間にひと時、心地よく短眠中」



17文字ってまんま5・7・5だし、これ見たら求められてるのは俳句とか川柳系なんだなぁと思うよね。同じように思った応募者もたくさんいたはず。俳句、苦手なのよね。おーいお茶も全滅だったし・・・。とりあえず俳句っぽいの意識しながらはじめたけど、やっぱりしっくりこなくて全然書けない。


あまりにも書けなさすぎて、逆に開き直った。「要はタクシー観た人が面白いと思ってもらえば何でもいいんでしょ!?」と。そっからは俳句っぽさは一切無視。それで選ばれないなら仕方ない。今思えばこの切り替えがいい結果につながるポイントだった。


応募数に制限はないから「とにかく思いついたもん全部出してやろう」と、いつものようにヘタな鉄砲も数撃ちゃあたる作戦を敢行。最終的な応募数は158本!!数書くのは得意じゃないけど、我ながら結構がんばった。それでも自信作は2~3本。例によって自信あるのはどうせダメだろう。でもこれだけ出したんだから何でもいいから50本に残ってくれ!!!とひたすら祈ってた。




--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




ラッピングされる50作品は5月末には決定し、応募者には連絡がありました。ラッピングタクシーは7月から走っていて、ツイッターには目撃情報もちらほら。選ばれた人もそれとなくつぶやいてたりしてます。


そしてタイトルで思いっきりネタバレしてるように、最優秀賞と優秀賞が決まったとの連絡がありました。



事務局に確認したところ、公式ページでの正式発表はもう少し先になるとのこと。ただし他の受賞者さんの名前を出さなければ事前に公表してもOKとの許可をいただきました。



ラッピングに選ばれた50本がこちら。

ココロを運ぶ一行タクシー コピー50本決定!































応募者は491名で応募総数は5,598本



もうね、名前を見たら「あの人もあの人もあの人もいるのかよ!!」って思わず口に出ちゃうくらいコピー繋がりの人だらけ。ホントみんなレベル高すぎ高杉くん。


しかしそんな強者どもがひしめく中、なんとなんと3本も選ばれました!!158本中3本だから打率は相変わらず高くないけど、それでも何とかくらいつけてよかった!!


と、喜んだのもつかの間、ひとりで8本も通過してる尋常じゃない化け物を見つけて絶句。しかも全部面白いなんてどんだけチートなのよ。ツイッターでは「〆切当日にこのコンペを知って、15本出しただけで残っちゃった」ってつぶやいてるセンスのかたまりみたいな人もいるし。158も出したなら10本くらい残ってないとダメじゃん・・・。


選ばれた50本を見た段階で、特にこれには勝てないと思ったのがこの3つ。




30.今夜も酔った父が、着払いで届いた。

自分も同じような切り口は考えた。で、見た瞬間「これこれこれが書きたかったのよ」って唸った。『着払い』ってワードセンスには脱帽。





4.母は雷門より僕の会社を見たがった。


エモい。ひたすらエモい。そして東京タワーでもスカイツリーでもなく、『雷門』のチョイスが絶妙。田舎から上京してきた母の様子が目に浮かぶ。これぞまさしく東京物語って感じ。




24.↑↑大切なお客様が乗っています↑↑


コピーの枠を超えてもはやデザイン。ただでさえ文字数足りないのに、矢印入れようなんて発想は絶対出てこない。




もちろん他にも「わかるわ~」とか「やられた」ってのがたくさんある。この時点ですっかり上位入賞はないか~と諦めモード。とりあえず3本に残ったし上出来上出来って感じだった。


ところがまさかまさかの優秀賞受賞。なんかもう信じられなくて、メール見た瞬間鳥肌たった。ミラクルですよミラクル。一応どのコピーかはまだ内緒。まあおおよそ予想はつくとは思うけど。


諦めモードとか言っときながら、いざ優秀賞ってことなるとちょっと悔しかったりするのよね、これが。やっぱり金がいいですぅぅぅぅぅぅぅ~って言いたくなる。


授賞式は8月3日のお台場。なんとか休みをねじ込んだので、よほど仕事が忙しくならない限りは出席予定。せっかく東京に行くからラッピングタクシーを探して見よう。やっぱり自分の目で実物見たいし。もし走ってるのを見かけたら写真とって教えてください。ついでにTCC展にも行こうかな。


それにしてもあれだけ書いたのが無駄じゃなくって本当によかった。応募数だけならきっと1番だったんじゃないかと思う。もし全滅してたらしばらくは立ち直れなかったよね。


158本って言うと凄いと思われるかもしれないけど、そのほとんどは普通の人ならボツにするようないわゆるクソコピー。本当は少数精鋭の自信作で勝負したいし、それで結果が出せたらカッコいい。けどコピーを書く力はまだまだだし、選ぶ力はもっとない。応募制限がない以上、とにかく全部出すのが今の自分がベストを尽くす方法だと思ってる。審査する方の立場で考えたらクソみたいなコピーを山ほど見せられて迷惑かもしれないけど・・・。


尊敬するコピーライターのひとり、中村禎さんの著書『最も伝わる言葉を選び抜くコピーライターの思考法』「ダメなコピーも書けないやつにいいコピーは書けない。」って言葉がある。しょーもないコピーしか書けなくて心が折れそうなときには、いつもこの言葉を思い出してる。


百聞は一見にしかず。今回応募した158本を特別に全部見せちゃいます。特別っていうほどたいしたもんじゃないし、どちらかというと公開処刑に近いけど・・・。「よくこんなん出せたな」ってドン引きするかもしれません。でもこれらすべてのコピーがなければ今回の結果はきっと出せなかったから、どんなにクソコピーでも無駄なものはひとつもない・・・と胸を張って言いたい!!けどひどいのはホントひどいなぁ。


それでも50本とか100本に1つくらいは「これいいかも?」ってのが出てくるもんなんです、きっと。そう信じてないとチャレンジし続けられないので。


またいい結果を出して、ちゃんとブログで報告できるようがんばります!!

ココロを運ぶ一行タクシー応募-9ココロを運ぶ一行タクシー応募-8ココロを運ぶ一行タクシー応募-7ココロを運ぶ一行タクシー応募-6ココロを運ぶ一行タクシー応募-5ココロを運ぶ一行タクシー応募-4ココロを運ぶ一行タクシー応募-3ココロを運ぶ一行タクシー応募-2ココロを運ぶ一行タクシー応募-15ココロを運ぶ一行タクシー応募-14ココロを運ぶ一行タクシー応募-13ココロを運ぶ一行タクシー応募-12ココロを運ぶ一行タクシー応募-11ココロを運ぶ一行タクシー応募-10ココロを運ぶ一行タクシー応募-1ココロを運ぶ一行タクシー応募-16
































毎度のことですが、気が付けばもう7月。宣伝会議賞まで2ヶ月を切りました。


SKATはちょいちょい目を通してますが、自分のコピーのあまりのできの悪さにため息しか出ない。いつもなら受賞コピーや好きなコピーを好き勝手あれこれ批評するんですが、今一つテンションがあがらず・・・。


宣伝会議賞の分析に関しては、ヒヒ馬さんの『宣伝会議賞でグランプリを目指すブログ』っていうメチャクチャ的確でわかりやすくて、全部プリントアウトして1冊にまとめたいくらい素晴らしいブログがある。しかもほぼ毎日更新。今さら自分がやっても需要なさそうだからやめときます。


さて本題。7月2日に【第13回ピンクリボンデザイン大賞】が締め切りになりました。前回本当に運よくグランプリを受賞できたので、今年も応募開始からかなり気合を入れて取り組んだのですが・・・。


ただでさえ難しいテーマ。何年も開催されていて基本的なことはほぼほぼ言い尽されている。そのうえ前回のコピー以上のものを作らないとならないっていうプレッシャーで、例年よりさらにハードルが上がった気がしてました。


前回出したのが50本なので、今回はそれ以上、できれば100本を目標に設定。時間のある限り考えました。で、質はともかく何とか100本ちょっとひねり出しました。既視感ありありだったり、力ずくのコピーもちらほら。情けないけど自分で選ぶ力はないので、またしても審査員頼みの数撃ちゃ当たる作戦。ひとつでも目に留まるのがあるといいなって感じで。


ところが、締め切り近くなってからの小林麻央さんの訃報。悲しくて厳しい現実と、世の中には同じような苦しみと戦っている方やそのご家族がたくさんいることを今更ながら再認識させられました。毎年コンペに参加することで乳がんの知識はそれなりにあるつもりだったけど、それこそあの命がけのブログと壮絶な生きざまを目の当たりにすると、実際のところはなんにもわかっていなかった・・・。


自分なりに精一杯考えたのでとりあえず応募はした。でも、いま見直すと何だかとても薄っぺらい気がして、達成感よりも無力感の方が強い。もっといいコピーが書きたかった。でも、とてもじゃないけど今の自分には書けそうになくて。何をどういえばよかったのか・・・いまだにモヤモヤしてます

















またしても久々の更新です。


SKATがとっくに発売されてるので、いつもなら通過コピーや気になったコピーについて語るんですが、まだちゃんと目を通してないのでもう少しあとになりそう。


仕事が忙しかったり、娘の運動会があったり、今年もコピーの学校に行ったり。中でも思った以上に時間がかかったのが販促コンペの企画書作り


今回で9回目の開催となる販促コンペ。第1回開催からもう9年も経ってるなんて・・・。当時はまだキャッチコピーに興味を持ちはじめたばかりのころ。第1回目のグランプリ『コカコーラシークレットメッセージ』を見て、シンプルでありながら即機能するアイデアと見やすい企画書に衝撃を受けたのを今でも覚えてる。自分には到底思いつかないけどいつか応募できたらいいなぁと毎年チェックだけはしてました。


で、今年も募集の告知を見てたら何となく「やってみようかな?」と。昔は確かパワーポイントで企画書を作らないとならなかったはず。ここ最近はPDFでの提出になって少しだけやりやすくなったのと、この時期はピンクリボンくらいしかコンペがないので「何とかなるかな?」と安易に考えてました。


が、いざやってみるとアイデアなんてな~んにも浮かんでこない。課題に全部目を通したけど、まったく手も足も出ない。その中で唯一、牛角の「とにかく焼肉が食べたくなるような斬新なアイデア」という課題だけは漠然としたイメージでできそうかも?と思えたのでとりあえず形にすることに。


この歳になるまで企画書なんて作ったことないし勝手がわからないので、本屋で『企画書の書き方』系の本を立ち読みしたり、ネットで検索しまくりました。募集要項には企画書の出来は問わない、あくまでアイデアの評価みたいに書かれてたけど、やっぱり読みやすいに越したことはないよね。


とりあえず画像は一切入れずに文字に起こしてみて、ちょうどタイミングよく静岡会のメンバーとの飲み会があったので意見を聞くことに。が、反応はいまいち。アイデアと呼ぶにはあまりに普通すぎるし、なんのヒネリもないし、ちっとも斬新じゃない。その後もなんとかブラッシュアップしようとしたり、別の案を考えようと思ったけど結局何もできず時間だけが過ぎていく・・・


もう応募自体を辞めようかとも思ったけど、とにかくダメ元で出すだけ出そうと腹をくくりました。そこからフリー素材のサイトめぐりをして使えそうな写真やイラストを探したり、フォントやレイアウトや文字色をどうすれば見やすくなるか何度もプリントアウトして悩んだり。フォトショやイラレもほんのりとしか使えないしイラストも書けないし、美的センスはほぼほぼゼロ。それでも何とか締め切り前に応募を終えました。


そもそものアイデアが弱いので、後付けで無理やり補足説明を付けた感でいっぱい。ビジュアル的にも子供会のお祭りの告知をパソコンを覚えたてのオッサンが苦労して作りましたって感じ。しかも締め切り後に見直したら
脱字を2ヶ所も発見。何度も確認したつもりだったのに、完全に脳内補完して読んでたみたい。受賞なんてもちろん期待してなかったけど、自分なりに一生懸命に作ったのでこのミスはあまりに致命的。痛すぎるし情けなさすぎる・・・。


しかも静岡会のメンバーのひとりが応募した企画書、しかも3つ、を見せてもらったところ、あまりの出来栄えに言葉をなくしました。アイデアはもちろんだけど、とにかく企画書のデザインがスゴイ。自分のと比べると小学生の絵日記と美大生の卒業制作くらいの差がある。とてもじゃないけど恥ずかしくて見せられない。


それでもまあ、形はどうあれ途中で投げ出さずに応募できたので「参加したことに意義がある」って思うようにすることにしました。企画を考えるのは楽しかったし、どうすればそれをわかりやすく伝えられるか考えるのも楽しかった。また来年、リベンジしよう。今年はどんな企画が選ばれるのか楽しみ。


今はピンクリボン新聞クリエーティブコンテストに挑戦中。この2つで手一杯でSBSラジオCMコンテストは今年も参加できそうにないな~。そうそうSKATもちゃんと読まないと。




ほんっとに1年経つのがあっという間。今年ももうすぐ折り返し地点。歳をとるほど時間の経過が早く感じるのをジャネ―の法則っていうらしい。何にでも研究してる人がいて、ちゃんと名前がついてるのね。


去年六本木ヒルズの授賞式に出席したのがついこの間のことだったような気がする・・・(さりげなく自慢)。というわけで、今年も
【第13回 ピンクリボンデザイン大賞】がはじまりました。もうピンクリボンですよ、ピンクリボン。ということは宣伝会議賞だってすぐってことじゃん。まだSKATも発売されてないのに・・・。


まあジタバタしてもしょうがないので、当面はとにかくピンクリボンに全力投球。なんせ3年連続受賞と2年連続グランプリがかかってる(スキあらば自慢)。なぜか相性がいいコンペなので今年も何としても結果を残したい。じゃないと自慢できることがなくなってしまう・・・。


審査員長でもある中村さんの著書、『最も伝わる言葉を選び抜く コピーライターの思考法』を何度も読み返してるから、今回は選びに選び抜いた少数精鋭の自信作で勝負して、奇跡の2年連続グランプリを狙いたい!!!


・・・とこなんだけど、「書く力」はいうに及ばず「選ぶ力」が一朝一夕で身につくわけない。そして自己満足の自己採点が当てにならないことはイヤというほど思い知らされてる。本命コピーでの一本釣りはあくまで理想なわけで、結果だけを求めるなら選ぶのはプロに任せた方が得策よね。そのための?応募制限なしなんだし。というわけで今回も『数撃ちゃ当たる作戦』を決行します


とはいってもやみくもに出せばいいってもんじゃないから、過去の没コピーをそのまま使いまわすってのは当然なし。ただどうしたって切り口が限られてくるから、そこは表現の仕方を工夫するしかないよなぁ。


何よりも大事にしたいのは、「伝わる」・「刺さる」・「機能する」ってこと。見た人にちゃんと伝わって、他人事じゃないと感じてもらって、検診に行かなきゃって思わせること。当たり前のことなんだけど、その当たり前がなかなかできない。前回はそんなコピーがたまたま書けて、たまたま見つけてもらって、本当に運よく受賞できた。決して派手さはないけど、ストレートで強いコピーだったと思う。(自画自賛)


販促コンペの企画案が全然思いつかなくて現実逃避しつつ書いたコピーを数えたら50本近くあった。悪くないんじゃない?ってのもあるにはあるけど、やっぱり前回を超えてる気がしない。でも自分で気づいてないだけかもしれないし、とにかく今は必死で書くしかない。まだ始まったばかりだから、ひとまずは100本応募を目指そうと思う。


連覇がとてつもなく難しいことも、実力よりも運だのみってことも重々承知。でもやるからには一番いいコピー書きたいし、賞金欲しいし、褒められたいし、やっぱり誰にも負けたくない。だから死ぬ気で獲りにいく。





毎度のことながら、SKAT発売までが遠すぎる。かといってグランプリやファイナリストが掲載されてないのなんて二度と買いたくないし・・・。というわけでおとなしく待つしかないってことになる。


その間、特にめぼしいコンペもない。いや探せばあるっちゃあるけど、どうもピンとこない。「少しでも多く打席に立つ」なんて思いながらも、やっぱり賞金が出たり全国展開されたりとかじゃないとモチベーションがあがらない。


「何かしらコピーの勉強をしなくちゃ」
と思ってはいても、やっぱりどうしてもグタグタしちゃうもので、特に今はゼルダの伝説のせいであっという間に時間が過ぎていく。気がついたら朝?なんてこともあったりして。それでもようやくとりあえずの終わりが見えてきたかな?と思ったら、もうすぐマリオカートの最新作の発売日。子供たちも楽しみにしてるし、買っちゃうよね、絶対。う~ん、ダメだこりゃ。


そんなダメ人間のもとに静岡会のメンバーから飲み会のお誘いが。急だし平日だしその日も次の日も仕事だしほとんど諦めてたけど、どうしても行きたくて力ずくであれこれ段取りしてなんとか休みをねじ込んで参戦。


急な招集にもかかわらず、主要メンバーはほぼほぼ出席。どんだけヒマなのよw。これなら無理して来なくてもよかったかなぁ~なんて思ったりしたけど、やっぱり来てよかった。


いつものメンバーで、いつものように飲んで、いつものようにコピーバトルして、いつもと違う俳句バトルなんかもして、いつも以上にめちゃくちゃ楽しかったし、いつも以上に刺激になった。みんな仕事や私生活でいろいろ悩みながらそれでも頑張っててるんだな、自分だけダラダラしてる場合じゃないなと


今年は販促コンペに初挑戦したくて、牛角の案を見よう見まねで企画書に起こしてみた。初めてにしては割といい感じだと思ってたけど、試しに何人かに見せたらリアクションはいまひとつ・・・


販促コンペの説明のために、はじめに第1回グランプリ『コカ・コーラ シークレットメッセージ』を見せたのが失敗だった。あんな伝説の企画のあとじゃ、そりゃどんなアイデアもかすんで見えるに決まってる。けど、それを差し引いてもやっぱりインパクトが足りないのは明らか。むしろ思いつきで言った「CDショップの試聴機から突然焼肉を焼く音が流れる」ってやつの方がウケてた。もっともっとブラッシュアップするか、まったく別の方向で考えないと。みんなも応募する気になったみたいだし、ライバルは多いほうが燃える。当然負けるわけにはいかない。企画書なんて作ったこともないけど、目標はあくまでグランプリと100万円!!


5月にはピンクリボンもあるし、余裕があればSBSラジオのCMコンペにも出したい。C-1グランプリにもこっそり挑戦してるけど、まったく歯が立たない。それでも自分の力を測れるのはコンペしかない。たとえ結果はでなくても、打席に立てなくても、素振りだけは続けておかないと一生出番なんかまわってこないし、活躍なんてできっこない。


子供たちを説得して、マリオカートを買うのはちょっと待ってもらおう。買っちゃったら絶対に我慢できない自信がある!!





↑このページのトップヘ